スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

AGP版7600GS ファンレス GIGABYTE GV-N76G256D-RHのレビュー。


Couter-Strike:Sourceとかのネット対戦でやたらガクガクするので購入しました。今までは無印Radeon9600を使っていました。未だにAGPスロットしか無いPC使っているのでAGP版です。faithで17000円くらいでした。納期Bで一週間くらいで到着しました。faithは納期が遅いなんて話をたまに聞きますが、私の場合は納期Bの「約5日~10日後」通りでした。

AGPでもファンレス7600GS。7600GSの性能は6600GTと大体同じくらいらしい。
AGP版7600GTとも迷ったのですが、CPUやメモリが古いですし7600GSで十分だろうという事で。ファンレスというのも魅力でした。結構ファンレスは無理があるらしいので、既にケース内が熱い方はPCIスロットに8cmファンとか装着出来るステイを買うと良いらしいです。「それだったらファンレスの意味無い!」と言われそうですが、8cmファンだと静かそうですしファンが壊れた時に交換しやすそうという事で。

AGP版の補助電源はHDDやDVDドライブでおなじみの4ピン電源コネクタ。
PCI-Express版は補助電源コネクタが専用の物らしいですが、AGP版はいつもの4ピンコネクタです。なのでS-ATA電源コネクタが無いような古い電源でも安心して使えそうです。


こんな感じでいつもの4ピンコネクタが搭載されてます。

本体や付属品写真など

箱を開けるとこんな感じです。


AGP版なのでPCI-Express→AGPの変換チップが余分に付いていてより発熱します。な割にPCI-Expressよりヒートシンクが小さいらしいので少し不安ですね。


DVI-IとD-sub15ピンです。両方ともDVIにして欲しかったですねー。片方だけでもDVI-IならD-Sub15ピン化出来ますし。




一度も使ってないですがTV出力用ケーブルだと思います。コンポーネント出力とS映像出力が出来るという感じでしょうか。


DVI-I→D-sub15ピン変換コネクタです。二つともアナログディスプレイな方も安心です。二つともDVIな方にはダメですが。

夏場でアイドル時、70度前後。ゲーム直後でも70度。
温度は結構高い感じですが、ファンレスで夏場で70度なのでこれ以上は高くならないだろうという事で。私のPC環境だとCS:Sとかやった直後でも70度でした。夏でこれなので、割と安定稼働出来そうな気がします。

ゆめりあベンチスコアは4000以下から17000に大幅アップ。
2chとかでビデオカード購入報告時によく使われているゆめりあベンチというのをやってみました。

1024x768 画質最高で17100くらいでした。

Radeon9600は4000以下とかだったのでかなりスコアアップしました。

CS:SourceはCPU依存度が高かったようでfpsはあまり変わらず
CS:Sourceの撃ち合い時に30fps以下になるのを解消したい、という目的でしたが7600GSでもあまり改善はしませんでした。やはりCS:SourceをやるならCPUをAthlonXP2800+からもっと強力な物にしなければいけないようです。7600GSだとより高画質なテクスチャを使ってもfps低下が無いのでCPUがボトルネックなのは確実なようです。Radeon9600時と比べてより高画質でガクガクするようになりました。うーん、意味無しっ!ですが、高画質テクスチャだとヘッドショットが狙いやすいような気がするのでOKという事にしておきます。

付属のForceWareはバグが多い感じ。なので84.43を使用
付属の91.31 Forcewareはバグが多い感じで、RGB別々のガンマ調整とか出来なかったので84.43を入れました。AGP版はデバイスのIDが違うらしく、nVidiaのサイトに置いてあるドライバはそのままでは使えません。infファイルにAGP版のIDを追加すれば良いらしいですが、うまくいかなかったので手動でinf指定でインストールしました。

新しいデバイス検出→一覧から→ディスプレイアダプタ→ディスク使用→84.43のinfを指定→7600GSを選択してインストールという感じです。

91.33だとだいぶ直っているのですが、CS:Sを起動したら専用ガンマ設定を読み込むとかがうまく動かないので84.43を使っています。84.43もOS起動時に一度設定し直さないと反映されないので少し面倒です。大体の人がPC電源を切る時はS3スタンバイを使っていてOSを終了はさせていないと思うので実用上は問題無さそうです。

目的のゲームがCPU依存かGPU依存か確認してから購入した方が良さそう。
CS:SはCPU依存で撃ち合い時のfpsを上げるという目的にはあまり効果がありませんでしたが、ゆめりあベンチのようなGPU次第でスムーズに動きまくるようになるゲームの方ならおすすめです。そろそろCore2Duoが本気で欲しくなってきてますが、なんとなくVista出るくらいまでは待とうかなーという気分です。WinMeの時に出た周辺機器のXP用ドライバが適当だった感じなように、XP時代に出たパーツで揃えると手抜きな感じのVista用ドライバを使うハメになりそうな予感という事で。XP→VistaはMe→XPほど急激な変化では無さそうなのでそこまで心配しなくて大丈夫そう、という思考回路に切り換えて今購入してしまうのも悪くは無さそうですが。
17:50 | 自作PCパーツ
comment(2)     trackback(0)
comments
記事違いですみませんが、fw1.5でブラウザというこちらのサイトを拝見させていただいてPBP_Easy_Installer1.9B.zipをダウンロードしたいのですが、リンク切れでないです。。どこにありますか?
2006/09/09 22:17 | | edit posted by p@ece
はじめまして。

>記事違いですみませんが
コメントが送信されればお知らせメールや左の最近のコメントに出て気付くので、古い記事にコメントして下さっても大丈夫です。

>PBP_Easy_Installer1.9B.zipをダウンロードしたいのですが、リンク切れでないです。。どこにありますか?
http://files.pspupdates.qj.net/cgi-bin/cfiles.cgi?0,0,0,0,21,881
↑でダウンロード出来ます。
2006/09/11 06:00 | | edit posted by ウェス
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/96-e2e2dbcb
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。