スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

Webカメラ Logicool QVC-70のレビュー。


Logicool QVC-70を買いました。ちょっとした録画やビデオチャットとか出来て便利そうだったので。Amazonで3995円でした。

スタンドがくねくね曲がるのが良い感じ
BUFFALO BWC-35H01/SVと迷ったのですが、スタンドがくねくね曲がるのが良い感じな気がしたのでロジクールの方にしました。それとバッファローは手動でピント調整出来るのですが、逆に面倒な気がしたのも理由です。


こんな感じで曲げる事が出来ます。


こんな感じで液晶の上にセット出来ます。写真の液晶はBenQ FP91GPです。


カメラの向きも変える事が出来るので、ビデオチャットにとても向いてそうです。

ふぬああで30fps取り込みは出来ませんでした。
ふぬああで取り込んでみましたが15fpsが最高でした(30fpsにするとcaptureとdropが同じ数ずつ増えていく感じです)。ふぬああは全然使い慣れていないので設定次第では30fpsとか出来たのかもしれません。ロジクールのサイトを見ても何fpsなのか書いてなかったりして本当の最高fpsは分かりませんでした。ふぬああの画面は少し遅れて表示されていました。このQVC-70にはマイクが内蔵されているので、音声もそのまま録画出来るのは便利です。

ロジクールの付属ソフトは、PCスペックのせいか少しカクつくシーンがありました。
ロジクールの付属ソフトでも録画してみましたが、320x240でも少しカクつく感じでした。これは私のPCのスペックがAthlonXP2800+なのが原因かもしれません。他のwebカメラを試した事ありませんが画質は悪く無いです。

ロジクールのドライバをインストールするとM-Audio UC-33eが使えなくなる。
なぜかロジクールのドライバを入れると、MidiコントローラーUC-33eが使えなくなりました。Midi一覧に表示されなくなってしまいます。Webカメラの接続を解除しても同じです。インストーラーを使わず直接ドライバの場所を指定すると同時に使えたのですが、それでもPC再起動後には使えなくなってしまいました。

UC-33eはメーカー独自ドライバでは無くOS純正ドライバ使用の製品なので、他のOS純正ドライバを使うMidi製品もひょっとすると使えなくなるかもしれません。もう少し原因を探しても良かったのですが、30fpsで取り込めないしWebカメラの使用をあきらめる事にしました。FinePix F700をWebカメラとして使うドライバを入れた時は、ちゃんとUC-33eは使えるのでWebカメラ全般との相性問題では無さそうです。付属CDのドライバと最新の10.0.0両方試しましたが同じでした。

BUFFALO BWC-35H01/SVの方が良かったかも。
BUFFALO BWC-35H01/SVの方が良かったかも感が凄いです。Buffaloの方は640x480 15fps 320x240 30fpsとしっかり最高fpsが書いてあるのも安心です。値段も半額の2000円ですし。間違った買い物をすると落ち込みますねー。事前調査を少々怠ったのがダメでした。

今度Webカメラを購入する時はBUFFALO BWC-35H01/SVを購入してみたいと思います。ひょっとするとロジクール QVC-70の方が良かったわー、な可能性もありますが。

レビューと関係ありませんが「学習リモコンまとめサイト」という便利そうなサイトがあったのでURLを書いておきます。

学習リモコンまとめサイト
http://www.geocities.jp/visual11audio/remote/remote.html
00:16 | PC周辺機器
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/94-c0728390
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。