スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

Sony Vaio Type U VGN-UX50のレビュー。


Sony Vaio Type U VGN-UX50のHDD版を購入しました。

VGN-UX50≒VGN-UX90PS・UX90Sなのでそちらを考えている方も記事を読んでみて下さい。(カスタマイズ可能なソニスタ限定モデルという理由で型番が違うだけでほぼ同じ使い勝手。PSとSはOSの違いだけ)

書く事が多すぎてどういう風にまとめれば良いか分からないので、UX50を使ってみて分かった事や感想とかをズラーっと書きます。

フラッシュメモリ版は同じスペックにすると容量半分で23万1800円と8万円アップなのでやめておきました。1~2年後ならかなり容量や価格も良い状態になってそうなので、フラッシュメモリ版を買うならその辺りじゃないでしょうか。

細かい事や周辺機器の事はまた別記事に書こうと思います。

AmazonでVGN-UX50を購入。7000円引き+15000円還元
SonyStyleの3年保証が付いてくるので保証重視の方はSonyStyleで。私は安い方が良いので値引きのある店頭モデルを購入する事に。

店頭モデルはポートリプリケーター標準付属(iPodでいうDockみたいなやつ)です。iPodや携帯みたいに帰ってきたら置くだけで充電、という事が出来ます。後で書きますが置くだけでPCスピーカーやTV出力、というiPod的な使い方も出来ます。

近所のPCショップかAmazonで迷いましたが結局安さにつられてAmazonで買いました。Amazonだと修理に出すのが面倒になりそうですが、Sonyは修理受付認定店が全国にかなりあるので大丈夫だろうという事で。

楽天カードで決済したので更に1%分の1600楽天ポイントが付きました。

商品到着。箱も小さい。
Amazonで注文した翌日に発送、その翌日に到着でした。


Amazonの箱でもこれくらいの大きさです。


Sonyの外箱です。結構綺麗で小さいです。外付けHDDを買ったような感じ。

画面が超高精細で綺麗。4.5インチで1024x600ドットは画面が広くてネットも見やすい
起動してまず思うのは画面が何しろ細かいという事です。にしてもよくここまで描画出来ますねー。店頭展示ある店とかで一度見て下さい。

細かすぎて文字が見にくい、という意見もありますが解像度が低いよりは絶対良いです。文字は大きく設定出来ますし。Webページがちゃんと一画面に表示出来るので見通しの良さがかなり良いです。


PSP(480x272)との比較。PSPはバッテリー動作時の最大輝度です。UX50は輝度レベル7です(最大9)。


ついでにBenQのFP91GP(19インチ 1280x1024)と並べてみました。

普段使っているデスクトップと同じ感じで表示されるので1024x600ドット表示は本当に使いやすいです。


色補正も出来るみたいです。

寝ながらPCしたい方にもおすすめ。PSPのように仰向けで使ったり寝返りをうったりしながらWindowsXPを使えるのは便利。
寝ながらPC計画を色々考えていたのですが、PSPってかなり寝ながら使うのに適しているような気がしたんです。もし同じ感じで使えるノートPCがあったら、なんて考えていたらVGN-UX50が発売という流れです。

パソッテルを本気で買いそうになってましたが、5万円と高い上に情報が少なくどういう使い勝手か分からない。な上にこれが部屋にあったら友人とかにかなりビビられそう、という事で。

寝ながら使えるのは便利ですよ。不眠症気味だった私がスヤスヤ眠れるようになりました。ベッドサイドにA4ノートPCを置いたりするのも良いとは思いますが、同じ向きにずっと体を向けていなければいけないのはちょっと疲れると思います。

仰向けで持っているのが疲れたら右を向いて、その体勢に疲れたら左向きにとか携帯ゲーム機のように使えます。もちろんうつ伏せで上体を起こした寝ながら読書スタイルでも使いやすいです。

どんなコーデックの動画も再エンコード無しでそのまま再生可能なのはとてつもなく便利。LAN上のファイルも再生OK。しかもDLNAにまで対応。
動画プレイヤー目的の方もいると思いますが、実際使ってみると次元の違いを感じる便利さです。Quicktimeとかmkv、ogmのようなマニアックなコンテナファイルの動画までそのまま再生出来ます。やはりffdshowなど使い慣れたコーデックがインストール可能なのは楽ですね。ogmの高速シークも携帯機で体感出来ます。

Mpeg2も再生出来るのでPCで録画したMpeg2をLAN経由で再生したり、そのままVGN-UX50に転送して外出先で見るなんて用途にも良さそうです。無線LANの帯域を超えるような超高ビットレートな動画だと無線LANで再生するとコマ落ちするようです(当たり前と言えば当たり前ですが)。10Mbpsを越えるような動画はSD解像度ではほとんど無いので大丈夫だと思います。色々な動画を再生してみましたが、今の所私の家の環境では無線LAN(IEEE802.11g)でも大丈夫でした。

CoreSoloとIntel GMA950というスペックなので重い動画も再生出来ます。1920x1080のWMVとかは無理かもしれませんが。

私はLANDISKというNASを持っているのでそこに動画を入れています。とても便利なのでUX50買った方はNAS導入を検討してみて下さい。他のPCの電源が入っていなくてもLANDISKからLAN経由で動画再生出来ます。音楽ファイルとか置いても良さそうですね。


16:9で画面綺麗な動画、という事で何となく小澤征爾のニューイヤーコンサート動画を再生。720x480解像度で液晶より低解像度なのですが、フルスクリーンにして引き延ばしても非常に綺麗です。画面がこれだけ小さいと解像度が違っても気にならないですね。

DLNA対応サーバーを持ってないので使い勝手は分からないですが、DLNAクライアントとしても使えるようです。なのでDLNAサーバー機能があるHDDレコーダー(スゴ録の高いやつとか)の動画を直接LAN経由で再生出来るようです。早く全機種DLNAサーバー機能搭載して欲しいですねー。地デジそのままだと重そうなので、ビットレート下げて配信みたいな機能も付けてくれたらより助かります。

アスペクト比を保持オプションがあるのでフルスクリーンゲームでも安心

ひょっとして1024x600に拡大されてしまうかと思いましたが、オプション指定出来ました。4:3のゲームを試してみた所、ちゃんとアスペクト比が正常な状態でフルスクリーンになりました。

WindowsXPなのでFirefoxやJaneなど全てのWindowsソフトが普通に動く。使い慣れたソフトをそのまま持ち運べるのは便利過ぎです。
W-ZERO3とかなり迷っていたのですが、最終的にWindowsXPがそのまま入っていた方が絶対便利という結論に達してVGN-UX50にしました。

「このソフトがW-ZERO3で動けばなー」、とかだとPSPと変わらないんです。WindowsXPだったら何も考えず全てのソフトが動く、というのは非常に大きいメリットだと思います。もちろんW-ZERO3は安いですし軽いのでどういうバランスが好みかによると思いますが。

W-Zero3で動くプログラムとかは小さい画面で操作しやすいようになっていたりするので、その点ではW-ZERO3とかも良いと思います。WindowsXPのプログラムはまさかこんな小さい画面でタッチパネル操作するとは考えられていないでしょうし。

テレビ出力も可能!解像度設定すれば4:3も16:9テレビも両方OK
PSPでテレビ出力不可ですしソニーって厳しいイメージあったのですが、VMC-20FR(Amazon)というケーブルがあればテレビ出力可能になります。

1024x600のままならワイドテレビ、800x600にすれば4:3テレビで良い感じになると思います。


標準付属のポートリプリケーターのAV OUT端子に繋ぐだけです。


もしくはディスプレイLANアダプタのAV OUT端子でもOKです。これも標準付属です。


VMC-20FRです。いつもの見慣れた黄色白赤ケーブルです。

普通のビデオカードのようにクローン表示やデュアルディスプレイ表示も出来るようです。

プラグアンドプレイというのに対応しているようで、Windows起動後に繋いでもちゃんと認識します。普通のデスクトップと同じようにグラフィックオプションからクローンとか選択するとテレビ出力が始まります。


こんな感じで外部ディスプレイに繋いだ時の挙動も設定出来ます。

ポートリプリケーターの音声出力はiPodのDockと同じボリューム設定に左右されないライン出力型!なのでPCスピーカやコンポ、テレビと相性抜群。
iPodのDockと同じライン出力型ので非常に使いやすいです。私はPCスピーカーに繋いでいます。
本体音量設定に左右されないので、急に接続先の機器から大音量が出たり音が小さかったりする事が無くて助かります。(テレビの音量設定はいつもの15なのに何か音が小さいなー、という事が無いという事です。)

ポートリプリケーターに置いただけで音声出力開始です。映像のように出力ONと設定しなくてもOKです。iPodをDockに置いた時のような感じです。本体スピーカーからも音が出るので、PCスピーカーからだけ音を出したい時は本体音量0に。本体からだけにしたいなら普通に音量調整で。非常に柔軟な運用が可能です。

NASと組み合わせれば容量無限大なiPod化も出来ますし、とにかく活用方法は色々考えられますね。


コンポやPCスピーカーに繋ぐだけなら黄色は外しておいて白と赤だけ繋ぎます。私も今その状態で使っています。

ロケーションフリーはお金が無いので、MTV2000とHomeEdgeでテレビを見る
ロケーションフリーがあればそれが一番なのですがお金がかかります。なので既に持っているMTV2000とHomeEdgeでLAN経由再生しています。


こんな感じでチャンネルも変更可能です。時間差があるのでPS2の画面をVGN-UX50に表示してプレイ、ってのは無理でした。

MTV2006とかなら標準付属のFeather2006で同じような事が出来るようです。外付けチューナーがあればPS2とか接続してゲームやってみたかったですが。

フラッシュメモリ版はワンセグチューナー搭載なのは良いですね。フレームレートが15fpsなのがちょっと気になるとは思いますが。チューナーの今の価格と重量だとせっかくのHDD版の安さと軽さが少し失われてしまいそうなのでHDD版は選択可能にしてほしいですね。

家でポータブルTVとしてワンセグチューナーを使おうという方は家でのワンセグ電波状況をチェックしておいた方が良いらしいです。impressかITmediaか忘れましたが、記事書いた人の家の中では電波が入りづらく見づらかったと書いてあったので。

デスクトップPCで作業中にUX50でテレビ見たり動画見たりチャットしたり
デスクトップのモニタの近くに置いて動画やテレビを再生させたりしておくと作業しやすいです。デュアルディスプレイとは違って場所を簡単に変えれるのと、デスクトップPCを再起動したりする時もそのまま動画とか再生されっぱなしなのが便利だと思いました。

Vaioタッチランチャーはカスタマイズも可能で助かりました。

こんな感じでタッチパネルに指で直接でもOKそうなでかいアイコンが表示されるランチャーが搭載されています。ソニーなので嫌な予感がしましたが、ちゃんと


こんな感じで起動するプログラムを設定出来ました。

モノラルスピーカーの配置に注意。背面カメラを無くしてステレオスピーカーにして欲しい。
モノラルスピーカーという所にかなり引っかかっていましたが、今までのTypeUもモノラルだったのでしょうがない、という事に。


こんな感じで左側にモノラルスピーカー搭載なので定位が左な感じがして気になります。今では慣れましたが。私としては背面カメラを無くしてステレオスピーカー化して欲しかったです。私は普段から何となく定位がおかしいような、と思ったりするような人なので気にし過ぎの可能性がかなり高いですが。

音量調整ボタンが無いのは不便なので、ホットキーカスタマイズで音量調整出来るように設定。
VGN-UX50は音量調整ボタンがありません。なので音量を変えたくなったらタスクバーのアイコンをクリックしたり、VAIOタッチランチャーで変更したりしなければいけません。それだと不便なので


こんな感じで音量の調整にホットキーを割り当て可能にする
「MasterVC」というフリーソフトを入れて解決しました。変更も10%単位や5%単位と細かく調整出来るのでおすすめです。

本体サイドに付いているボタンに割り当ても考えましたが、3つある内の2つを音量調整に使うのはもったいないという事でこの方法にしました。

Ctrl+↑で音量UP、Ctrl+↓で音量Downとか設定すれば良いと思います。

タッチパネルは非常に便利。スタートメニュー→プログラム→、とかが凄い速く出来る。タッチ長押しで右クリックなんて便利な設定も可能
タッチパネルは本当良いですね。感覚的に使いやすいです。


設定で長押し右クリック化設定にしておきました。私の場合VAIO Touch Commandよりこっちの方が使いやすいと思ったので。長押し時間とか範囲も設定出来て自分が満足出来るような使い心地に設定していけると思います。

手書き入力も出来る!

こんな感じで出来ます。予測変換も付いています。デジ、でデジタルとか出てます。


漢字もOK。家の時点で家電が予測変換に出ています。

認識率もかなり良く速いです。縦書きにも出来ます。

私は手書き入力を使う事に慣れていないのでなかなか使うタイミングが分かりませんが、今までPalmを使っていて手書き入力無いと困るよ、なんて方にも対応出来るので良いのでは無いでしょうか。

VAIO type UX UtilityPlusで本体ボタンの設定
バイオ標準でも設定変更出来ます。VAIO type UX UtilityPlusを使うとAlt+Tabが割り当てられるようになったり、設定を簡単に切り替えれるようになるのが利点です。


こんな感じの分かりやすい画面で設定変更可能です。

LANDISKとTrue Cryptを組み合わせてLAN上のディスクにインストール
サイズがやたらでかくて家でしか使わないようなソフトがある場合はLANDISKとTrueCryptを使いましょう。

DaemonToolsというCD/DVDイメージをマウントするソフトがありますが、それのハードディスク版みたいな使い方が出来るのがTrueCryptです。本当は暗号化のソフトですが。

ネットワークドライブだと「このドライブにはインストール出来ません」と出てしまったりするので、TrueCryptイメージをLANDISK上においてTrueCryptで普通のハードディスクとしてマウントでOKです。

この方法を使えばちょっと速度の遅いハードディスクとして使えるので、「このドライブにはインストール不可です」と出る事は無いです。

TrueCryptの使い方は他の記事にまた書くかもしれません。

VAIOハードディスクプロテクションが何かハイテクっぽくておもしろい
安心感なら断然フラッシュメモリ版ですが、ハードディスクも普通よりは色々対策されているようです。


こんな感じで設定画面で振動検出の様子が見れるようになっています。揺すってみたりして色々実験してみるのもおもしろいかもしれません。

Type U限定でHDDのシャシーへの固定に新素材のゲルも使われているようです。相変わらずHDDクラッシュの不安はつきまといますがかなり耐衝撃性は考えられているようです。寝ながら使っていて壁にぶつけてしまった時に「衝撃検知」と出てHDDヘッド待避していたのでちゃんと動作しているようです。

スティックポインターはクリックも出来る


スティックポインターですが、クリックも出来ました。

左側のスクロールボタンを押しながら右側のスティックポインター操作で自由自在にスクロール。
スクロールってどうやってするのかなーと思いましたが、


左側のスクロールボタンを押しながら右側のスティックポインター操作でスクロール出来ます。左右スクロールも出来ます。

ただ標準設定ではスクロールボタンがホイールクリックにならないのでホイールクリックをよく使う方は設定をオートスクロールボタンに変更してましょう。でもその場合、普通にスクロール出来なくなるので私はFirefoxのタブなどはダブルクリックで閉じる設定にしたりしました。

排熱が結構あるのでジップロックに入れてお風呂で使うのは無理そう。
重い処理をさせたりすると結構熱い風が本体上面から出てくるのでジップロックに入れたりして使うのは危険そうです。お風呂ではやはりPSPですね。PSPの発熱の少なさに今更ながら感動です。

また下部から空気を取り入れているようなので、スタンド無しで直立させるのは危険かもしれません。ポートリプリケーターはちゃんと下部に穴が開いているので、空気取り入れ問題無さそうです。

ファンが気になるという書き込みを見ますが、私は気になりませんでした。店頭での確認も周りがうるさいのでしづらいですし、購入前に騒音の程度が分かる良い方法が出てきて欲しいですね。

指紋でアプリ起動に未来を感じる。左手人差し指でFirefox、中指ならBecky起動とか設定出来る。

こんな感じで各指ごとに起動するプログラムを設定出来ます。指をスキャンしてそれに応じてプログラムが起動すると何か驚きます。

指紋認証はWindows起動前のBIOSパスワードの時から使えました。Windowsログインの時にも使えます。BIOS認証の時に指紋認証を使ったら、Windowsログインの時に再度指紋スキャンしなくて良いように同じ指紋を使う、という設定も出来ます。

起動パスワード設定すると普通は面倒になりますが、指紋認証だと楽なので気軽にパスワード設定して使えます。

指紋スキャンの方法は、指を上から下になぞるって感じです。

キーボードは入力しづらい。でも絶対にあった方が良い。動画をフルスクリーンで見ている時などに便利
他の方のレビューでもよく書いてありますが、キーボードは入力しづらいです。押せたか押せてないのか分かりづらいのが一番の原因だと思います。大きさとか配置は今のままで、もう少し指にカチッとした反動がくる感じにしてくれれば良いと思います。


こんな感じのキーボードです。


開いたばっかりや、何かキー入力すると光ります。


夜寝る前とかに使う時に光っていると見やすいです。

入力しづらいといってもそれは長い文章を入力しようと思った時で、やはりキーボードは内蔵していた方が良いです。

例えば動画をフルスクリーンで再生している時に、→キーで早送りや↓キーで次のファイル、とか出来るので。いちいちソフトウェアキーボードを表示させていたのではかなり使いにくいと思います。またOSをインストールとかマウスが使えない場面にもあると良いですしね。

細かい電源設定。PSPで見慣れた無線LAN省電力設定も!

こんな感じで電源接続時とバッテリー動作時で液晶の輝度などを自動的に設定を変更出来ます。


メモリースティックやi-linkは使わないのでオフに。少しでも電力消費低下に貢献すれば良いですが。


PSPでおなじみワイヤレスLAN省電力設定が!PSPの時を参考に省電力オフにして通常にしておきました。

PC雑誌の日経WinPC 5月号は780g。UX50は520gと雑誌よりも軽い!

PC雑誌のWinPC 5月号の重さを量ってみたところ約780gでした(月刊アスキーとか軽めの雑誌でも600gくらいあると思います)。UX50は520gと雑誌よりも軽いです。この軽さは寝ながらPCをしたい人にとってはかなりありがたいです(仰向けで使ったり、UX50を持ちながら寝返りをしやすいので)。小型軽量化系のソニーの技術は本当に凄いと思いました。

本体写真いろいろ

スティックポインター結構使いやすいです。まだ私が慣れていないのでマウスほどはスムーズには動かせませんが。+と-のボタンは標準ではズームボタンです。私は使わないのでEnterとAlt+F4(閉じる)に設定しておきました。電源ボタンは寝ながら使っていると稀に間違えてスライドさせてしまう事がありました。不安な方はスライドしてもスタンバイに移行しない設定にしておくと安心です。


左クリック、右クリック、スクロールボタン、カスタマイズ可能ボタン、ワイヤレスONOFFボタンです。USB端子もあります。


メモステDuoとカメラボタン。カメラボタンを押すとカメラユーティリティーが起動して写真や動画が撮れる状態に。正面と背面カメラの切り換えはソフトで行います。ソフト起動後はシャッターボタンとして使えます。


ACアダプタ接続、ヘッドフォンとマイク端子です。ポートリプリケーターやディスプレイLANアダプタと接続する端子もあります。


非常に持ちやすく手になじむ感じです。

周辺機器写真いろいろ。ポートリプリケーターは便利

いきなり純正画像ですが。かなり置きやすいです。ずれないですし。
マイクやヘッドフォンも接続出来るようにその部分は凹んでいます。


裏側です。LAN端子やUSB端子が。


AV OUT端子やUSB端子です。色々な向きにUSBがあるのは便利ですね。


お財布ケータイやSuica、Edyカードが読み取れます。押したら出てくるタイプで普段は収納されてます。




標準付属のディスプレイLANアダプタです。これさえあればD-sub15ピン接続、有線LAN、AV OUTが使えるので便利です。

かなり良い製品。買っても後悔は無いと思うので欲しい人は買ってもOK。
VGN-UX50を買って正解でした。何しろ寝ながらPCが出来るのがここまで便利で楽しいとは思っていませんでした。モバイルビジネスマンな使い方はした事が無いのでそういう用途で使いやすいかは分かりませんが、動画を見たりネットを見たり音楽を聴いたりという楽しむ系の使い方をする方で欲しい方なら買っても大丈夫だと思います。

今は夏なので暑いですが、冬とか布団にくるまりながらUX50を使っても楽しそうです。

ソニーにはこの路線の商品を継続して発売していって欲しいです。

---2006.07.04追記---
VAIO type UX UtilityPlusで「別プロファイルに切り換え」という機能をボタンに割り当てる事が出来ました。


こんな感じで何個もプロファイルを作っていけるのですが、タスクトレイでいちいち切り換えるのも面倒だなーと思っていたら


こんな感じで別プロファイルに切り換えという割り当てが出来ました。切り換え先プロファイルも設定出来るのでプロファイル1→2→3→1とボタンを押す度にループするようにしておけば、かなりカスタマイズ可能ボタンが増えたような感じになります。

私は左下のボタンにプロファイル変更ボタンを設定して、右側の+と-の2ボタンにキー割り当てをしてみました。プロファイル変更ボタンを押す度に右側の+と-ボタンが、EnterとAlt+F4→輝度アップと輝度ダウン→音量アップと音量ダウン→またEnterとAlt+F4に戻るという感じに設定しておきました。

これで輝度や音量がVAIOタッチランチャーを起動しなくても本体サイドのボタンで変更出来るようになりました。地味ですが、夜寝る前に使うときに輝度をサッと下げれるようになったのと、動画をフルスクリーンで再生中にも輝度を調整出来るようになったので使い勝手がだいぶ向上したような気がします。Ctrl+cとCtrl+vとか手書き入力ソフトNextText起動とAlt+F4のプロファイルを増やしたりしても便利そうですね。

---2006.07.09追記---
型番説明
VGN-UX90PS・UX90S
・直販限定カスタマイズモデルでソニスタでしか買えない
・PSとSはOSの違い(XP ProfessionalかHome)
・カスタマイズによってはUX50と全く同じに出来る
・ゼロスピンドルモデル(HDD無しのフラッシュメモリ版)にも出来る
・ポートリプリケーターを付属無しに出来る
・キャリングスタンドが付いてくる

VGN-UX50(私が今回購入したモデル)
・ソニスタ以外の店頭販売(Amazonや楽天も)

Hothotレビュー
↑の記事の一番上の「【表1】type Uモデル比較」が見やすいです。

という事でどの型番でもOSやスペックが違うだけで付属ソフトや本体形状は変わらず同じ使い勝手だと思います。(当たり前ですがCeleronモデルは遅いです。)

カスタマイズモデルではポートリプリケーターを外したり出来ますが、単体で買うと2万円するので絶対付けておいた方が良いです。(外しても7000円くらいしか変わらないので。)

---2006.07.09追記---
VGN-UX50のリカバリをするにはVAIO純正外付けが必要っぽい雰囲気ですが、他社製のDVDドライブでも使えました。

私は一台も外付けDVDドライブを持っていないので、数年前にクラッシュしたi-link接続外付けHDDのケースと内蔵DVD-ROMドライブ Lite-on LTD-166Sを組み合わせて使いました。


アイオーデータの外付けHDDケースです。40GBのHDDが入ってたので相当古い物っぽいです。中身はIDE接続です。中に入っていたHDDはクラッシュしてしまったので取り外してあります。


こんな感じでIDE接続の内蔵用DVDドライブ Liteon LTD-166Sを繋げて使用しました。i-Linkケーブルはポートリプリケーターのi-Link端子と接続して使いました。

こんな強引な組み合わせのドライブでもリカバリ可能だったので、公式には認められていませんが結構リカバリ出来る他社製DVDドライブも多いのではないでしょうか。

VGN-UX50/VGN-UX90 リカバリ関連
↑にVGN-UX50のリカバリの事が色々書いてあって便利です。

---2006.07.11追記---
固定キー機能というのを使ったらCtrl+cとかがやりやすくなりました。Ctrlを2回押したらCtrl押しっぱなしになって、もう一度Ctrl押したら解除という感じです。Shift、Alt、Windowsキーでも使えます。タスクトレイに固定状態が出るので助かります。


こんな感じに設定しておきました。コントロールパネルのユーザー補助のオプションで設定出来ます。

---2006.07.11追記---
私も前々から聞いた事あるソフトなので今更感があるかもしれませんが、GOM Playerという動画プレイヤーがとても良く出来ていてVGN-UX50で使っても非常に便利でした。


便利な点は色々あるのですが、とにかくこの3項目が非常に便利です。

・「ファイルを開く時、前回の再生位置から再生」
なんと直前に再生していた動画だけでなく、一度でも再生した事のある動画ファイルなら全てリジューム再生されます。なので一週間前に途中まで見た動画とかでも再生すればその続きからになって便利。

・「最後に再生したリストを呼び出す」
連続再生させていて、どの動画の途中で終わったか分からない時にとりあえずGomPlayerを起動して再生ボタンを押せば前回と同じ状態で再生開始されるので便利。

・「ファイルを開く時、フォルダ内の映画ファイルを全て再生リストに追加」
同じフォルダ内の動画を自動でプレイリストに入れてくれるので、連続物の動画とかに便利です。暇な時に未分類な動画フォルダとか再生させても良いかもしれません。


それとシークも凄いです。時間移動が3つ設定出来るのも便利ですが、「動画ファイルの場合、キーフレーム単位で移動」がとにかく凄いです。AVIファイルでもOGMのような高速シークが可能になります。シークバーでの操作やショートカットキーで10秒ずつ飛ばしたりが瞬時に完了して見やすいです。

動画コーデックも色々と内蔵されているようで、DivxからH.264のような物までGOM Playerを入れるだけで見れるみたいなので、コーデックを色々入れるのが面倒な方にも良さそうです。

---2006.07.13追記---

こんな感じで手書きツールの横にあるショートカットキーボタンが便利でした。Ctrl+cとかの代わりとして使えるので、手書きせずにコピー&ペーストするだけの時でもNextTextを起動して使っています。これでキーボード使わずにタッチペンで色々と楽に出来るようになりました。右上のアクションから編集キーというのを選ぶと出てきます(もちろん次回起動時からは最初から表示されてすぐ使えます)。このショートカットキーボタンだけタスクバーに出ている(クイック起動バーのような感じで)、みたいなフリーソフトがあれば更に便利そうですが軽く検索してみただけでは出てこなかったので純正NextTextを使っています。

---2006.08.01追記---
VGN-UX50はマウ筋使うと結構良いかもしれない気がしました。タッチパネル長押しで右クリックになるまでの時間を最短にして使ってます。マウ筋というのはマウスジャスチャーに対応していないソフトでもマウスジャスチャー可能にしたり、より細かいマウスジェスチャー設定が出来るようになったりするソフトです。右クリック+→←でAlt+F4と設定すれば簡単にソフトが閉じれます。UX50ならタッチペンを長押し1秒くらい(これで右クリック状態に)してそのままペンを離さず→←とペンを動かせば閉じる、という感じです。

マウス派はマウ筋を使い倒せ ■tokix.net
↑の記事が参考になります。

---2006.08.12追記---

指紋スクロールが非常に便利でした。スクロールロック状態にすると、指紋スキャンの所を指で触れば上下自由にスクロール出来ます。指の動きに連動する感じで。書き込みなどで知ってはいたのですが、なぜか今まで試さずにいました。かなり感覚的にスクロール出来て良い感じなので絶対使った方が良いと思います。

---2006.09.30追記---
ACアダプタの抜き差し時やスタンバイ復帰後にCPU使用率が100%になる時間が結構長かったのですが、spmgr.exeをスタートアップから削除したら100%になる時間がかなり減りました。VAIO Power Managementのプログラムらしいのでバッテリーが減ってきた時の制御とかが動かなくなるかもしれませんが、外出先であまり長時間使う事の無い私は削除しておきました。ファイル名を指定して実行→msconfig→スタートアップタブ→spmgrのチェックを外す、でOKです。

関連記事
液晶フィルター OverLay Brilliant for VAIO Type U(VGN-UXxx)のレビュー。
ACアダプタ Mobile-PowerII EC NB1-02のレビュー。VGN-UX50

08:39 | メーカー製PC
comment(18)     trackback(1)
comments
まいりました
カカクコムから来ました。
他レビューではない視点での記載ありがとうございました。
指紋起動のことを始め、初めて知ったこと満載です。
PSPとの比較、動画のレビューは、まさに私が知りたいことばかりでした。
完全に背中押されました(笑
リモコンやLバッテリーが手に入らないですが、早速購入します。
ありがとうございました。
2006/07/02 01:49 | | edit posted by ダーマ
はじめまして、管理人ウェスです。

記事が参考になったみたいで嬉しいです。購入してからしか分からない事って結構あると思うので、出来る限り不安が無く買えるようにと記事を書いた甲斐がありました。

コメントありがとうございました。
2006/07/02 16:32 | | edit posted by ウェス
同感
私も同感です
素晴らしいレポート有難う御座いました、また一歩前に進みました。来週あたり購入かも?
2006/07/02 20:40 | | edit posted by 淀小僧
はじめまして
オンライフといいます。
今はW-ZERO3を使っていますがOSの不安定などで(対応ソフト等も)どうしようか迷っています。
このPCも気にはなっていましたがイマイチ情報が少ないのでためらっていました。
細かいレビューを載せていただいているので参考にして購入候補に考えて行きたいと思います。
2006/07/03 01:31 | | edit posted by オンライフ
はじめまして、管理人ウェスです。

>>淀小僧さん
購入へ一歩前進で良かったです。

>>オンライフさん
情報が少ない機種って確かに購入しづらいですよね。UX50が購入候補の1機種になれたようで良かったです。
2006/07/03 09:27 | | edit posted by ウェス
すばらしい!
はじめまして。価格.comから来ました。
「UX50を買ったはいいが、どう使い倒せばよいやら?」と思っていたところです。使い方、参考にさせてもらいますね。
2006/07/04 11:18 | | edit posted by わんさ
やっぱり今回のType-Uは違いますねw
キーボードがWZERO-3より評判が悪いので気になってましたがショットカットキーと割り切れば悪くなさそうです。
就職祝いにでも買えたらぃぃなぁ~。

周辺機器のほうの話はなかったので購入されていないのでしょうか?
というか現状売り切れだったかな;

GPS購入されていればカーナビの代用でどうなのか意見お願いしたいとこですが。

良レビュー感謝です!
2006/07/04 16:08 | | edit posted by さくりん
>>わんささん
はじめまして。記事がお役に立てたようで良かったです。

>>さくりんさん
確かにキーボードは入力しづらいですねー。長文は無理そうです。

Bluetoothリモコンは音が若干ズレるらしいので動画も見たいのでやめておいて(ウォークマン代わりなら凄く便利そうです)、GPSは数年前にナビを付けてしまったので、という感じで周辺機器は買ってないです。買ったのは液晶フィルターとACアダプタくらいです。この二つはあまり書く事無いですがまた記事にしようと思ってます。
2006/07/04 18:51 | | edit posted by ウェス
ん?
>Sony Vaio Type U VGN-UX50(VGN-UX90)のHDD版を購入しました。

と記載されておりますが、90シリーズはUX90PS・UX90Sですよね(ゼロスピンドルを除いて)? ということは、これはVGN-UX50を購入したということでよろしいのでしょうか? akiも参考にさせてもらってますので、正確な情報が知りたいです。
2006/07/09 16:54 | | edit posted by aki
はじめまして。管理人ウェスです。

VGN-UX50をAmazonで購入しました。UX90PS・UX90Sはソニースタイル限定(店頭販売無し)カスタマイズ可能モデルで、VGN-UX50と同じスペックにも出来るのでそちらを考えている方にも参考にして頂きたい、という事で()内に書いておきました。

PSとSはOSがHomeかProfessionalかだけだったので省略させてもらいました。どの型番もOSとスペック以外は共通だと思います。

もう少し説明を書いておけば良かったですね。早速記事を修正&追記しておきました。

コメントありがとうございました。記事が購入の参考に少しでもなれば幸いです。
2006/07/09 17:18 | | edit posted by ウェス
感謝
気になっていただけに、とても為になる情報でした。そこで物知りな管理人さんに質問なのですが、自分は先日まで「U3」を所有しまして、外付けドライブである「PCGA-DVD1/A」が手元に残りました。SONYのサイトを参照すると、曖昧な表現でリカバリ可能…と記されているのですが、何か情報をお知りになっていませんでしょうか? 因みにドライブは特殊なケーブルを使用しており、それを4ピンに取り替えてポートリプリケータに接続すればOK…みたいな表記になっています。

http://vcl.vaio.sony.co.jp/products/common/accessory/info20.html

質問ばかりですみませんが、よろしくお願い致します。
2006/07/09 21:18 | | edit posted by aki
リカバリの事を書き忘れていたので、記事に追記しておきました。私みたいな方法でもリカバリ可能だったので、VAIO純正ドライブならまず大丈夫だと思います。VGN-UX50がちゃんとリカバリ可能機種に入ってますし。といっても万が一という事もあるので不安でしたら、サポートセンターに聞けば確実な気がします。
2006/07/09 21:52 | | edit posted by ウェス
またまた感謝
実はaki、ある障害で喋れないんですよ。
サポートセンターって殆どが電話でのやりとりじゃないですか(勿論、メールもあるけれど)。だから、こういう管理人さんのような情報が非常に役立ちます。しかし…管理人さんってパワーユーザーだわ(^^;
2006/07/09 23:13 | | edit posted by aki
リカバリの件、お役に立てたようで良かったです。外付けDVDドライブ一台も持ってなかったので、HDDケース流用でリカバリ出来て助かりました。
2006/07/10 00:21 | | edit posted by ウェス
師匠!
管理人さん、いや、今日から師匠と呼ばせていただきます。
実はakiも購入したんですよ、師匠と同じバージョンを♪
しかし届いた昨日、悲しい出来事があって、まだ開封すらしていません。
とてもそういう気持ちになれないのです…。

そんな中、SONYからドライブに関する情報が届きました。
「PCGA-DVD1/A」を使うなら「PCGA-AC10V」(アダプター)を買ってくれと。
しかも価格が5,565円+送料・代引手数料として別途1,155円が必要だとか。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000FIM3WK/249-8865543-5993105?v=glance&n=3210981
↑コレ買った方がいいような気がします。
2006/07/13 05:55 | | edit posted by aki
>管理人さん、いや、今日から師匠と呼ばせていただきます。
いえいえ、師匠を名乗れるような管理人ではないですよー。恐縮してしまうので管理人さんとかそういうのでお願いします。

VGN-UX50購入されたんですね、おめでとうございます。まだ開封されてないという事ですが、はやく気持ちが良い感じになると良いですね。アダプタ高いですねー。さすがSonyという感じでしょうか。オークションでも結構しますし安い外付けDVDドライブ買っても良さそうですね。

DVRP-UN8LってLabelFlash対応とか何か超多機能な感じの外付けで良さそうですねー。それに、
http://wiki.wince.ne.jp/vaio-ux/?%A5%EA%A5%AB%A5%D0%A5%EA#xad4b1f7
↑のリカバリ動作可能報告にも入っているので安心して購入出来そうですね。
2006/07/13 07:28 | | edit posted by ウェス
Video On Demandとの相性はいかが?
type-uほしくなってしまいました。You TubeやGyaoを快適に視聴できますか。WiFiの機能について知りたいと思っています。
2006/09/18 22:03 | | edit posted by Sam Ray
はじめまして、管理人ウェスです。

YouTubeとGyao試してみたところ視聴OKでした。無線LAN IEEE 802.11gを使用しました。動画内容にもよると思いますが、結構動きのある動画再生時でCPU使用率は50%~60%くらいです。Google Videoもついでに試してみましたが、こちらも再生OKでCPU使用率は20%くらいでした。

http://hanagasira.s25.xrea.com/php/video.php
http://yadorigi.seesaa.net/article/18646070.html
http://www.outdex.net/diary/archives/2006/03/youtubeflvmedia_1.shtml
↑のようなYouTubeの動画保存したり、保存したYouTubeのFLV動画をそのまま再生する方法とかもそのまま使えました。無線LANが無い所でも保存しておけば「YouTubeのこの動画見た?」とかちょっとした会話も楽しめるかもしれません。

Wi-fiはIEEE 802.11a/b/gをサポートしているので不足は無いと思います。
2006/09/18 23:24 | | edit posted by ウェス
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/87-6e94feb1
trackback
VAIO UX50は どう活用されているのか?※活用記事を更新されましたらぜひTBを飛ばしてください(書き換えます)■萌え未満■ 7月22日 購入報告 活用報告はまだなしデジタル家電日記 7月1日 購入報告&レビュー 活用報告はまだなし続ドクバリニッキ 5...
| Matonの歴史観戦史 | 2006.08.19 01:00 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。