スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

19インチ液晶 BenQ FP91GPのレビュー。


電子ピアノの後ろに置く用の液晶が欲しくなったので買いました。

FP91G Pと半角スペース付きで書かれる事もあるので口コミ情報を探すのが少し大変でした。

私が調べたFP91GPの特徴
○19インチで37000円くらいで安い
○19インチで1280x1024で結構広い
○DVIケーブル&アナログケーブル両方付属で太っ腹
○激安TN液晶ではなくVAパネルなので良い感じらしい
○オーバードライブ回路搭載でVA液晶なのに中間色応答速度が8msと速い→動画やゲームが見やすいそうな
×色が薄いらしい
×画質調整が大変らしい
×スペックでは1000:1のコントラスト比が、実測ではそこまでの性能は無いらしい
×アナログとDVI切り替えするのに、3回ボタン操作が必要なので面倒

とこんな感じです。

既にBenQ FP931(TNパネル)を使っていたので、今回はBenQ中心で調べました。

FP91GだとTNパネルなので、せっかくならVAパネルが良いなー、という事でFP91GPに決めました。

GH-PMF193SDという同じパネルで安い製品がありますが、グレー背景の時文字がかすれて見にくいそうです。FP91GPだと大丈夫らしいので、この2機種で迷っている方はBenQの方にしておいた方が良さそうです。

ドット欠け保証のあるショップのどこで買うべきか迷う
液晶は薄いし軽いし、何個あっても困る事は無いので勢いよく買えそうな物なのですが、唯一心配なのがドット抜けです。

液晶本体が安くてドット欠け保証のある店は

ツクモ
ECカレント
PCサクセス


などがあります。

ツクモ
○交換保証が2100円と安い
○安い上に3回まで交換OK→3回もすれば確率的に一回は当たりを引けるらしい
○2chなどの書き込みで開封跡ありだった事は無いっぽいので、ドット抜け返品商品を再販売している事は無さそうで安心。


ECカレント
○液晶本体が最安な事が多い
×交換保証が4200円と高い
×交換は1回のみ→なので交換後余計にひどくなっても我慢するしか無くて怖い

PCサクセス
×悪い噂がどれだけでも出てくるので怖過ぎて買えない
×友人がMP3プレイヤー購入した時に一ヶ月以上経っても発送してくれなかったそうなので怖過ぎて買えない

という事でツクモで買いました。
送料無料で36980+2100円で安かったです。

発送も注文翌日で到着はその次の日と最短でした。

商品到着。ドット抜け0でしたが、色が!

商品到着して開封。


ボタンはこんな感じです。アナログ←→DVI切り替えは、Exit→「←」「→」でD-subとDVIを選択→Enterという感じです。
片側の信号がオフになると、もう片側に自動で切り替わります。


裏側です。FP931より接続端子が上の方にあって繋ぎやすいです。

どきどきしながら設置して電源オン!

液晶モニタ ドット抜け・色むらチェッカー(WindowsNT/2000/XP/ハードウェア)でドット抜けチェックした所、ドット抜け0でした。
交換保証は無駄になりましたが、ツクモに送る手間がかからなかったので良かったです。

ですが、

色が薄い&青い!

書き込みで知ってましたがここまでとは!
デフォルト設定ではとても使えない感じでした。

絵を描く事も、一眼レフのカメラとかの写真を補正したりもしない、どちらかというとあまり画質にうるさくない方ですが、この製品は設定必須です。

何ていうかモヤが常にかかった感じで文字が異様に見にくかったです。

何度もケーブルがちゃんと挿さっているか確認しましたがちゃんと動作しているみたいです。

液晶側の調整では私の技術ではどうしようも無かったので、やった事無かったですがPC側のカラープロファイル設定をやってみる事にしました。

ガンマ設定をしてみる
製品に付いてきたCD内のFP91GP.ICMを使ってみましたが、特に変化無し、という事でまずビデオカードのガンマ設定を調整してみました。

液晶設定はRGB標準、輝度0、コントラスト55です。
2chの書き込みでも輝度0にしている人が結構多いので相当まぶしい製品なのかもしれません。

ビデオカードのガンマを低くすると画面が濃くなって良い感じでしたが、
まだ何か変です(Adobe Gammaが無い人はこの設定だけでもしておいた方が良さそうです。デフォルトに比べると文字がかなり見やすくなりました)。

2006.05.04追記
Adobe Gammaを使った設定だと、スタンバイ復帰後に元に戻ってしまうので、ビデオカードの設定の方にしました。ちゃんとR、G、B別々にガンマ調整すればAdobe Gammaと同じ感じで表示出来ました。なので、Adobe Gammaの手順はやらなくても良さそうです。
追記終わり

という事で1.0に戻し次にAdobe Gammaを使いました。

ウィザードに従って設定しました。

参考にしたページ
Adobe Gamma を用いたディスプレイセッティング
モニタの校正

設定中は目を細めまくりで結構疲れましたが、非常に良い感じになりました。

まるで別製品のように見やすくなりました(かなり設定値が極端になったのでひょっとして初期不良なのかな、という疑念は未だに消えてませんが)。

スタートアップにAdobe Gammaが入っていれば再起動後も適用されます。
もし反映されなければC:\Program Files\Common Files\Adobe\Calibration\Adobe Gamma Loader.exeを起動させればたぶん大丈夫だと思います。

動画の再生時などのオーバーレイには適用されないので、プレイヤー側で設定すると良いです。

私はDVというソフトを使っているので、
オプション→メディア→レンダラ→ビデオエフェクトにしてガンマを下げて使っています。

2台目の液晶は便利ですね!
最初はかなりやばい製品を買ってしまった!と焦りましたが設定し終えてみれば結構見やすくて気に入っています。

動画も見やすいですし、視野角も広いです(私は角度を付けてみる機会が無いので少しもったいないですが)。

デュアルディスプレイとして使う用途に購入じゃなくて良かったです。
かなり色合いが違うので2台並べたらかなり気になりそうです。


Dellの24インチとかより19インチx2のが良いな、と思ってましたが、
同じ機種でも無い限り24インチ1台とかにした方が良いと感じました。


電子ピアノの後ろに液晶があると非常に便利です。写真はFP931の方です。

・楽譜を見ながら弾くときに、Midi→PDF→印刷という操作が不要に!
・VSTプラグインとかの設定がピアノを弾きながら可能で便利
・主モニターと違う面に置いてあるので、来客用モニタとしても使える


という事で満足しています。
16:40 | PC周辺機器
comment(1)     trackback(1)
comments
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/09 04:21 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/83-d93e660a
trackback
FP91GPこの方の場合は、購入後、初期設定では色がおかしかったようです。しかし、僕も今使っている液晶は初期設定では色薄かったので調節後は、この方と同様満足していますのでショックは有りません。僕の場合FP91GPはまだ買ってないので、他社製ですけど。
| Yamlog | 2007.02.20 22:52 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。