スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

電子ピアノ ヤマハ P-60Sのレビュー。


最近はIvory 1.5とかThe Grand2とか超大容量系ピアノ音源がどんどん出てきたりして、ちゃんとしたピアノ鍵盤で弾きたくなってきたのでP-60sを購入しました。

IvoryはDVD10枚組で41GBもあります。
ピアノ音源だけでこの容量とは凄い時代です。
1.5が出てWindowsXPでも使えるようになりました。

今まではRoland JV-35というシンセサイザーを使ってました。
10年くらい前にハードオフで中古で購入という物なので相当古いと思います。
普通にDTM用途として使うには良いですが、鍵盤が軽すぎてピアノ曲は弾きづらいという感じでした。簡単にベロシティー127になってしまったりして。

それとJV-35は61鍵なんです。普通のピアノは88鍵なんです。
なので、曲の中で一回は弾けない箇所が出てきてしまったりするというのも買い換えの大きな理由です。

という事で、電子ピアノを買う事に決めました。
電子ピアノとPCを繋ぐと、AquosとかBraviaとかの液晶テレビとPCを接続した時みたいに、何か違う業界の商品が融合していってるなーって感じました。

電子ピアノ選び

選ぶも何も予算が全然無いので、電子ピアノとしては一番安いグレードの物から選びました。

電子ピアノ総合スレッドまとめサイト電子ピアノ 総合スレッドを見たりして決めました。

悩んだ機種

Yamaha P-70
○新型なので気分的に良い感じ
○6万円くらい
×GHS鍵盤というP-60sのGH鍵盤より悪い物に
×実際試奏してみてP-60sよりかなり鍵盤が軽くなってました
×ヤマハの電子ピアノは大体低ベロシティ仕様でなかなか127にならないらしい

Casio PX-110
○安い。なんと36800円とかで売ってます。
○録音出来たりメトロノーム機能があったりして便利
×試奏してみたら鍵盤が何かモニャッとしていて弾きづらく感じました。
×打鍵音が大きいらしい。鍵盤を押した時に出る音です。
2chスレでは、「打鍵音だけで他の住人から苦情が来た」、と書いてありました。
なのでヘッドホンをすればアパートでもピアノが出来る、という目的の方はやめた方が良いらしいです。

Yamaha P-60s
○安い。オークションで4万円くらいで買える事も。
○上位機種と同じGH鍵盤採用
×録音は出来ない。LineOutとPC繋げば出来ますが。
×打鍵音は結構するらしいけど、PX-110ほどでは無いらしい。打鍵音を気にする方は、Kawaiの物が静からしいです。
×ヤマハの電子ピアノは大体低ベロシティ仕様でなかなか127にならないらしい

M-Audio Keystation Pro 88
○Midiコントローラーとしても使える
○USBバスパワー対応なのでケーブルがすっきり
×音源が付いていないので、私の場合、PCを付けないと音が出ない
×高ベロシティ仕様らしく、mfくらいで弾いてもベロシティ100超えてしまうらしい

簡単にでかい音が出まくりでは、せっかくのピアノ鍵盤が生かせないかもしれないですね

高い物にすればするほど良いと思いますが、私はPCに繋げてIvoryとかの音源で弾きたいだけなので、内蔵音源の良さや内蔵スピーカーにはこだわってません。

それと部屋が狭いので、メタルラックに置けるような形の物じゃないと置けないです。
YDP-151とかかなり良い感じらしいですが、形的に置けないです。

という事でP-60Sにしました。

商品到着、設置
まず61鍵から88鍵になったのは良いですが、幅がでかいです。

一般的なメタルラックの120cm幅に収まりません。なので、150cm幅のMR-1509を買いました。15000円もしたのがかなり痛いですが。専用スタンドを買うよりは色々置けるという事で。

p-60sを置いてみました。


店で見た事あったので分かってはいたのですが、部屋に置いてみると凄い厚さです。
かなりメタルラックの段数を消費してしまいました。楽譜もちょっと高い位置になってしまってますが、普通に使えたので安心しました。

ピアノを弾くとメタルラックが揺れて落ち着かなかったので、壁とラックの間にゴムを挟んで固定しておきました。

P-60sで弾いてみる
シンセサイザー鍵盤からなので、かなり重く感じました。ピアノってこんな重かったかなーというくらいです。

ピアノ曲は弾きやすいですねー。さすがピアノ鍵盤。

MidiでPCと繋いでベロシティを見てみたら普通に弾いている範囲では100くらいしか出てませんでした。私の手の筋力が弱ってるからなのかもしれませんが。

鍵盤が壊れるのでは!というくらいで叩き付けてようやく127が出ました。

なので、ドラム打ち込みとかで使う人はベロシティーをエフェクトとかで増加させなければいけないと思います。

内蔵スピーカーと内蔵音源は普通でした。外付けスピーカーに出力してみると、結構低音が強めでした。内蔵スピーカーに合わせて音質も設定されているみたいです。

ベロシティが100くらいと言いましたが、もちろん内蔵音源で弾く時は普通に弾けます。叩きつけるほど強く弾かなくても、一番強い音が出ている感じです。

Ivory音源で弾いてみる
Ivoryと繋げて弾いてみたのですが、何も設定しないとベロシティが低いので音がこもった感じなってしまいます。

なのでIvory側で105でfffの音が出るように設定した所、良い感じで弾けました。といっても127段階ではなく105段階しか弾き分けれなくなっているという事なので、こだわる方とかにはダメかもしれません。

---2007.03.27追記---
結局ベロシティ調整無しにしました。105でfffだと常にでかい音鳴りすぎな感じな気がしてきたので。
---追記終わり---

ベロシティ調整出来ない音源とかは、Sonarに内蔵のMidiエフェクトでどうにかなるかもしれません。といってもそれだと+20とかそういう指定なので、ベロシティ1が出なくなってしまいます(21~127しか出ない事に)。Ivoryのように1-105を1-127相当にする、というような事が出来るMidiエフェクトとかあれば良いんですが。

2006.04.09追記
SonarのMidiエフェクト Velocityで+120%とすれば同じような効果が得られました。

ピアノ鍵盤&Ivory Yamaha C7とかで弾いているだけでかなり楽しいです。
SteinwayにしてみたりBosendorferにしてみたり、とても予算的に個人では出来ないような事が出来て今色々と試してます。
もちろんIvoryが完全にグランドピアノを再現出来ているわけではないのですが、私にとっては十分です。

打鍵音はそれほど気になりませんでした。苦情は来ないと思います。心配な方は店で聞いてみて下さい。

まとめ
ピアノ曲を弾きたい方はピアノ鍵盤の物を買った方が良いです。
ピアノ鍵盤の物を弾いた後に普通のキーボードで弾いてみるとあまりの軽さに驚いてしまいます。

IvoryやPMI Emperor Old Ladyとか大容量ピアノ音源持ってる人には特におすすめです。
20:41 | DTM
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/81-699dfab8
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。