スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

DVM-RXH16FB/BをDVR-A10化してみました。RAM書き込みが可能に。

Plextor PX-716Aが書き込み不可な状態になってしまったので、パソコン工房に行ってバッファロー DVM-RXH16FB/Bを購入してきました。

保証やRecord Nowが付いて5980円で安くて驚きました。安くなってますねー。A05は29800円しました。

で帰ってきて色々検索していたら、なんとPioneer純正DVR-A10化出来るらしい、という事が分かりました。

DVR-A10化するとどこが良いかというと

・RAM書き込み不可→RAM書き込み可能に
・バッファローは静音モード切り替えが出来ず、DVD-Video吸い出しが5倍速制限→無制限に
・パイオニアのアドバンスド静音ツールが使えるらしい
・焼き品質が向上するらしい
・危険兄弟の物を使うとリージョンフリーになるらしい


という事らしいです。

特に、RAM書き込み可能ドライブになる、というのが驚きです。
RAM書き込めないけど、まぁ良いか、と買ってきたのに可能になって良かったです。


参考にしたページ
お○πさん♪
パイオニア DVR-110系 - wiki@nothing


手順
The Dangerous Brothers Present....(危険兄弟)から
PIONEER DVR-A10XL
Currently RPC1 firmwares based on 1.22, 1.37, and 1.39.
の1.39をダウンロード

"DVRFlash Downloads"
DVRFlash v2.2 Win32
60KB

を使用しました。

全部中身をc:\dvr\などに入れて

ファイル名を指定して実行 cmd
でコマンドプロンプトを表示

cd c:\dvr
とかで移動して

DVRFlash -ff R: RA143010.139 RA143110.139

R:の所はドライブレターによって変えると良いらしいです。

二回確認が出ますが、両方ともyと入力してEnterで大丈夫でした。

価格.comには一度1.22にしてから1.39と書いてありましたが、上のファームの場合だといきなり1.39で大丈夫でした。

DVRFlash -v R:

でちゃんと書き換わったか確認出来ます。

書き換え後、PCを再起動しました。

DVD-Video吸い出しも高速になって快適です。

焼いたファイルとHDDの同じファイルのMD5がちゃんと一致したので、
今の所焼きも問題無さそうです。
18:43 | 自作PCパーツ
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/78-8c8e0a38
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。