スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

MD5やCRCを調べて偽物や破損ファイルを見分けましょう。

MD5やCRCって良く聞くけど利用した事が無い、とか良く分からないって人は試してみて下さい。

MD5やCRCというのは、ファイルが破損していないか、または改ざんされていないかを確認するための値です。違うファイルで同じMD5値になる事はほとんど無いらしいです。

本物ファイルのMD5値はこれですよー、と書いてあるのを見て、自分のファイルと比較してみて同じなら本物で安心、もしくはダウンロードに失敗してないから安心、という感じの使い方です。


こんな感じでMD5が載ってたりします。(上の画像はMPH Firmware Launcherのダウンロードページ)
もしダウンロードしたファイルのMD5値が違っていたらダウンロード失敗しているので、もう一度ダウンロードしましょう。という感じの利用方法です。

PSPの偽ファームとかでPSPが起動不能になったら怖いですし、MD5を調べれるようにしておきましょう。
まずフリーソフトのCCCSをダウンロードして下さい。

解凍した中のcccs.exeをダブルクリック。


今回はMD5値を調べたいので、ウィンドウの下の方のMD5を押しましょう。


次に、調べたいファイルを「作成」という所にドラッグアンドドロップして下さい。


すると計算が始まって終わるとMD5の値が表示されます。これがドラッグアンドドロップしたファイルのMD5値です。

CRC32の時はCRC32を押して同じ手順です。

これでPSPのファームウェアが本物か不安になる事も無くなります。

一応PSPのファームのMD5を書いておきます。
何かエラーが出た時でファームが原因なのかも、と思ったら手元のファイルが同じMD5値が調べてみて下さい。
ダウンロードに失敗していたり偽物ファイルかもしれませんしね。

e32eb27980ba8b291eb803e3397e4b24 1.50
62f6d3d18038f463092e3d6653fae195 2.0前期
50c7032754835b588319c1a6c652cdc0 2.0後期
00df561c8215e42b16661ecde4c57e14 2.50
a69a022fce43b614a8cb305786f59855 2.60
23:26 | ソフトの使い方メモ
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/69-2481dfa5
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。