スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

CD管理ソフトを比較してみました。

リムーバブルケースのHDDが増えてきたため、CD管理ソフトを使用する事に。

棚に閉まってあるCDやDVD、HDDの中身をPCに繋げずに検索したり中身を確認したり出来るようにするソフトです。

CD管理ソフトとは言っても、HDDでもDVDでも使う事が出来ます。

たくさん似たようなソフトがあるので色々試してみました。
結論から言うと、「Where Is It?」というソフトを使う事にしました。

↓は試してみた結果
Virtual CD-ROM Case
○フリーソフト
○フォルダのサイズが表示されて便利。
○メディアの総容量、空き容量も表示されて便利。
×外付けHDDのようなファイル数が多すぎるメディアを登録するとフリーズ。

メディアステンシル
○フリーソフト
○ファイル数が多くても登録可能
×フォルダのサイズが表示されずHDDの使用状態が分かりにくい。
×メディアの総容量、空き容量も表示されずHDDの使用状態が分かりにくい。


Advanced Disk Catalog
×シェアウェア
○ファイル数が多くても登録可能
×フォルダのサイズが表示されますが、合計サイズの計算が間違っている時がある。
×同様にメディアの総容量、空き容量も間違っている時がある。

○海外ソフトだけど日本語ファイル表示、日本語で検索が可能。

WhereIsIt
日本語化ファイル
×シェアウェア
○ファイル数が多くても登録可能
○フォルダのサイズが表示されて便利。
○メディアの総容量、空き容量も表示されて便利。
○様々な機能がプラグインによって実現(登録がかなり遅くなるので使ってませんが。)
○こういう風にしたいなー、と思う事がほぼ出来るのが凄いです
○海外ソフトだけど日本語ファイル表示、日本語で検索が可能。


という事で欠点の無い「Where Is It?」を使っています。

凄いきっちり作られている感じのソフトで、使っていて気持ち良いくらいです。
17:15 | ソフトの使い方メモ
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/36-a1511322
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。