スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

Google Desktopを使ってみました。

Google Desktop プラグイン for Becky!ってのが出たという記事を見て、Google デスクトップを入れてみました。

インストール
Google デスクトップをダウンロード。そしてインストール。

Google Desktop プラグイン for Becky!をインストール。

Becky起動。プラグインのインストール確認が出るのでOKを押す

Becky→ツール→プラグインの設定→Google Desktop プラグイン for Becky!

ゴミ箱等検索結果に出したくないフォルダのチェックを外して、今すぐインデックス作成ボタンを押す。

後はPC付けっぱなしで放置しておけばPC内の全ファイルが登録されます。

Sleipnir2で検索結果を表示
フローティングバーやデスクバーで検索した時、デフォルトだとIEが起動しています。検索結果をSleipnirにしてみましょう。

理由は分かりませんが、Sleipnir2を標準で使用するブラウザに設定してもGDSの結果表示にはIEが使用されてしまいます。

解決策

まずFirefoxをインストールします。Firefoxを起動して標準で使用するブラウザに設定する

Sleipnir2を起動して標準で使用するブラウザに設定する

これで、検索結果がSleipnir2で表示されるようになりました。

(関係無いかもしれませんが、Sleipnir1を起動して標準で使用するブラウザに設定するのチェックを、オン→Sleipnir1再起動→チェックをオフとしておきました。Sleipnir1は標準ブラウザの設定にゴミを残すと書いてあったので。)

---2006.12.29追記---
anything from here 標準のブラウザを徹底してSleipnir2に設定する
に載っている「SetBrowser for Windows」を使う方がまさに解決策という感じなので、SetBrowserの方法でやる方が良さそうです。
---追記終わり---

Sleipnir2で検索
Sleipnir2の右上の検索バーでGoogleデスクトップを使えるようにしました。

参考にしたページ
Sleipnir2 の検索バーに Google Desktop Searchを登録する。

私の場合、なぜか検索してみると

http://127.0.0.1:4664/search&s=*****?q=検索した言葉
ではなく
http://127.0.0.1:4664/search?q=検索した言葉&flags=8&num=50&s=*****

となってしまいました。

検索する度に*****の部分が変わってしまうので
http://127.0.0.1:4664/search?q={all}&flags=8&num=50&s=*****
としてみても、Sleipnirでは使えませんでした。

解決策

フローティングバーやデスクバーで検索すると検索結果がSleipnir2で表示される状態にしておきます。

Sleipnir2が起動していない状態で検索します

するとSleipnir2が起動して検索結果を表示しようとします。

この時、一瞬だけ
http://127.0.0.1:4664/search&s=*****?q=検索した言葉
という正常な形のアドレスが表示されるので、キーボードのPrint Screenボタンを押して画面をコピー。ペイント等に貼り付けてアドレスをメモって下さい

処理が超高速なPCだと一瞬すぎて無理かもしれません。

もっとスマートな方法があったら教えて下さい。

このアドレスを使って
Sleipnir2 の検索バーに Google Desktop Searchを登録する。
の通り設定すればOKでした。

---2006.12.29追記---
すぎのり日記:Googleデスクトップを導入した
「Sleipnir2の右上の検索バーでGoogleデスクトップを使えるように」のもっと良い方法をトラックバックで教えてもらいました。レジストリに書いてあるそうです。現在Googleデスクトップ使っていないので試していませんが、一番良さそうな方法だと思います。再度Googleデスクトップを使う時に、私もこの方法でやってみようと思います。
---追記終わり---

Sleipnir2での履歴やキャッシュをGDSに登録する。
IEだと履歴やキャッシュが検索対象になるらしいですが、Sleipnir2だと登録されません。FirefoxだとSloggerという拡張をインストールすれば検索対象になるらしいです。

Sleipnir2の場合、プロキシを127.0.0.1:18080にしてGetHTMLWをProxyMode2で使用すると使えるらしいです。見たページを全てローカルに保存していくという仕組みらしいです。画像のローカルへの保存をオフにしておかないとHDDの空き容量がやばくなるらしいので注意です。

私の場合、Proxomitronを使用していて、二重でプロキシ通すと重くなりそうという事でやめておきました。

それと、アプリケーションの追加と削除が表示されなくなってしまったり色々と不安定になってきたのでGoogleデスクトップインストール前の状態にリカバリしました。
履歴やキャッシュが検索出来るってのはかなり便利だと思うので、もう少しバージョンが進んでからもう一度使ってみようと思います。

メモ
TweakGDSでインデックスの場所を変更出来るらしい。

デフォルトは、

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Google Desktop Search
12:48 | ソフトの使い方メモ
comment(0)     trackback(2)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/34-c627fd59
trackback
 Sleipnirを徹底して標準のブラウザとする難しさ標準のブラウザをWindowsに搭載されていて最も普及率の高いインターネットエクスプローラから、別のブラウザに変更する方法については、
| anything from here | 2006.04.26 05:34 |
今日は珍しく、IT系の話題を。Googleデスクトップを導入してみました。普段Sleipnir使いの私には、不満な点が難点か・・・。 1.Sleipnir2の検索窓では「デスクトップ検索」が無いこと。 2.Googleデスクトップから検索すると、IEが立ち上がること。1...
| すぎのり日記 | 2006.12.28 22:26 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。