スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

VMWareでブリッジ接続が出来ない原因がKasperskyだったのでメモ。


ブリッジ設定画面でネットワークアダプタが表示されていません。


「デバイス VMnet0 のネットワーク ブリッジが動作していません。
仮想マシンはネットワーク上のホストやほかのマシンと通信することができなくなります。
仮想デバイス Ethernet0 は切断された状態で起動します。」


「デバイス VMnet0 のネットワーク ブリッジが動作していません。仮想マシンはネットワーク上のホストや他のマシンと通信することができなくなります。
仮想デバイス Ethernet0 の接続に失敗しました。」

原因

Kasperskyが有効な状態でVMWareをインストールすると、ネットワークの設定がうまくいかないのが原因らしい。Kaspersky2014だと大丈夫で2016だと問題有りでした。VMWare Workstation 12 Playerでの話です。

対策


セルフディフェンスを無効。

Win+Rでファイル名をして実行で「services.msc」


「Kaspersky Anti-Virus Service 16.0.0」サービスを停止。

タスクトレイのカスペルスキーアイコンが消える。

VMWareをインストール。

ブリッジ接続設定画面で

ネットワークアダプタが表示されていたらOK。

停止した「Kaspersky Anti-Virus Service 16.0.0」サービスを開始。

セルフディフェンス有効。

私は上記方法でブリッジ接続が有効になりましたが、うまくいかなかった場合はKasperskyをアンインストールした状態でVMWareをインストールすれば良いらしい。VMWareをインストール後にKasperskyをインストールという感じ。

参考リンク
"no un-bridged adapter" - and yes, I know this ... | VMware Communities
bridged network not working VMware player - Stack Overflow
01:44 | ソフトの使い方メモ
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/217-1458df52
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。