スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

Evolution UC-33eを購入。Midiコントローラー

Midiコントローラー「Evolution UC-33e」を購入しました!

SonarやAbleton Liveのミキサー操作をマウスでやっていたんですが、どうにもやりにくい!という事で購入を決めました。

BEHRINGER BCR2000と迷いましたが、

フェーダーが無い
USBバスパワー不可で電源ケーブルが必要
奥行きがUC-33eより10cm長い30cm


という理由からUC-33eにしました。


UC-33e
32 x 21 x 7cm
1.3kg


BCR2000
33 x 30 x 10cm
2.15kg


奥行き20cmというのはUC-33eの魅力の一つだと思います。BCR2000を購入予定の方は作業机に置けるかどうか確認してみて下さい。

Midiキーボードを弾きながら音質調整する時にUC-33eの場所を変える、なんて時にケーブル1本(USBバスパワーなので)、1.3kgという軽さも便利です(Midiキーボードがでかくて液晶モニタ前には置けず、少し離れた所に置いてあるんです。)。

商品到着。早速開封。
箱から開くと、Ableton Liveなど特定ソフトの操作時に便利なパネルみたいな物が貼り付けてありました。


外箱です。結構綺麗で買った時の喜びも倍増です。パッケージだけ見ると英語版?と思ってしまいます(中にちゃんと日本語マニュアルやCDが入っていました。)。


緑色の物がAbleton Live用のフロントパネルです(写真は開封時なので青色テープで固定されていますが、普段は上に置くだけという使い方をする物だと思います。)。
他にもB4Pro-53Cubase、ユーザー用に無記入の計5枚付いていました。

USBケーブル(何か薄汚れた感じでした)、初級編マニュアル日本語訳、英語のマニュアル、上級編マニュアル日本語訳のPDFが入ったCD、Evolution Sys Ex Librarianの入ったCDが付属していました。

上級編マニュアル日本語訳は33ページあり、プリンタで早速印刷しておきました。
どうせなら最初から英語マニュアル無しでこっちを付けておいて欲しかった気分です。

PCとの接続は簡単。
説明書に従って

本体背面の電源スイッチをオフにしてPCとUSBで接続。

本体背面の電源スイッチをオン。

ドライバインストールが自動で完了。

これでUC-33eが使えるようになりました。
UC-33eはUSB MIDIクラス対応らしいので、WindowsXPやMacOSXではドライバインストールが不要らしいです。ドライバ問題で悩まされる事が一切無いのは助かります。


青色のディスプレイとフェーダーの緑色の光が綺麗です。
奥行きが短いので液晶モニタ前にも置けました
USBバスパワーなので背面からのケーブルが1本というのもシンプルで良い感じです。

USB Midiインターフェイスとして使える!
ドライバがインストールされるとMidi入力一覧に「USBオーディオデバイス」「USBオーディオデバイス2」という二つが増えています。
「USBオーディオデバイス」はフェーダー操作などのMidi信号が
「USBオーディオデバイス2」にはMidi Inに繋いだ機器からのMidi信号が受信出来ます。

出力に「USBオーディオデバイス」を選択すればMidiOutからMidi信号が出力されるようです。

UM-1SXを買わずにいきなりUC-33eを買っておけば安く済んだのになー。

PCを電源オフ、S3スタンバイにしても電源入りっぱなし。
PCを電源オフやS3スタンバイにしてもUC-33eの電源が付きっぱなしなので、使わない時は背面スイッチをオフにする必要があります。
(これは私の使用しているパソコンが電源オフやS3スタンバイ時にもUSBに給電しているために起こる症状みたいです。マザーボードによってはちゃんと連動して電源オフになるようです。)

PCの電源オン時に、UC-33eの電源操作は可能です。
使う前に電源オン、使い終わったら電源オフ、という感じでOKです。

--- 9/11追記 ---
マザーボードの説明書には、デフォルトでUSB給電が+5Vに設定されていると書いてありましたが、PCケースを開けてみたら+5VSBにジャンパピンが設定されてました。
ジャンパピンを+5Vに戻した所、ちゃんとスタンバイや電源オフと連動するようになりました。
マザーボードはASUS A7V8Xです。

紛らわしいユーザー登録
付属の「Evolution Sys Ex Librarian」というソフトはまだVer1.0で、フェーダーごとの設定を変更したりは出来ず、丸々設定を保存したりするだけでした。

説明書を見ると、ユーザー登録すると最新版の情報が手に入ると書いてあったので早速m-audio.co.jpで登録しました。

その後、色々ページを見ていたら現在は「enigma」というソフト名になっているようです。

早速ダウンロードしようと思ったら「ユーザーID」と「パスワード」を入力する画面が!
「登録完了メールにはID、パスワードも何も無かったのになー。」と思っていたら
どうもダウンロードするにはm-audio.comで登録しなければいけないようです。

こんな事ならm-audio.co.jpの方は登録するんじゃなかったー、という気分です。
.jpの方はシリアルや電話番号などやたら詳しく入力しなければいけなかったのになー。

ちなみに.comの方の登録も日本語で出来ました。住所や名前も普通に漢字で入力してOKでした。

Ableton Liveで使ってみました。
Ableton Liveでトラックのボリューム、パン、オートフィルターの周波数、フランジャーのパラメーター、テンポのとりあえず割り当てて使ってみました。

、、、

「Midiコントローラーってこんなに良い物なのかー!」

って叫びたくなるくらい便利です。曲を聴きながら同時に複数の操作も出来るし、トラックごとのエフェクターみたいに、マウスだと画面を切り替えてからしか操作出来ない物もすぐ操作可能なのも楽です。直感的に操作出来るってのは良いですねー。

エフェクトの掛かり具合やボリューム調節操作が格段にやりやすくなりました。

適当にフェーダーやノブを操作しているだけで楽しいです。
マウス操作ではエフェクトを同時に一個しかいじったり出来なかったけど、
Midiコンは同時に複数エフェクトを直感的に操作出来て、何かギュワンギュワン音が凄い事になっておもしろいです。

Sonar4でのミキサー操作も快適になりました。

音楽ソフト使ってる方には絶対オススメですよ!
ネットだと安いですし。ビックカメラだとUC-33eの一個前のUC-33が3万5000円でしたよ!

他にも使用していて気づいた事などをたまに書いていこうと思います。
00:54 | DTM
comment(2)     trackback(0)
comments
僕も買いました
僕もSONAR4のコントローラとして使おうと思って買ったんですが、設定で躓いて挫折中です・・・
2005/08/29 00:10 | | edit posted by まっき~
初めまして~。
コメントありがとうございます(´∀`*) 。
私はSonar4.0.1で、ヘルプに載っている「SONARのパラメータ制御にフェーダー/つまみを割り当てる」の手順で出来ました。
4.0.0だと手順通りにやっても出来なかったのでアップデートまだでしたら試してみて下さい。
http://www.cakewalk.jp/Downloads/SONAR401UP.shtml
2005/08/29 03:08 | | edit posted by ウェス
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/21-7779dc61
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。