スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

Bluetooth FMトランスミッター J-Force JF-BTFM2Kのレビュー。

カーナビがコンパクトフラッシュ対応なのですが2GB制限や99曲制限がありBluetoothも非対応なのでJ-ForceのBluetooth FMトランスミッター JF-BTFM2Kを買いました。Amazonで2718円でした。

Bluetooth FMトランスミッターが必要な人
スマートフォンの音を車でも流したいけど「有線はちょっとなー、でもナビもBluetooth非対応なんですわー」という方向けの商品です。

スマートフォン→FMトランスミッター(bluetooth接続)→カーラジオFMで受信という感じ。

この商品はマイクが無いので車内通話したい方はマイク有りのハンズフリー対応と書いてある製品にした方が良さそう。

開封

外箱。


外箱裏。


本体。


こんな感じで角度が一定角度ごとに調整出来る。


7cmくらいあるので引っかかりにくそう。

Bluetoothペアリングは簡単。
本体上のボタンを長押しでLEDが点滅し始めるので、AndroidでBluetoothデバイスを検索するだけです。

PowerampのBluetooth連動機能を使う。
Powerampというアプリを使えば「Bluetoothデバイスが接続されたら再生開始」「Bluetoothデバイスが切断されたら停止」という便利機能が付いていたのでそれを使いました。エンジンをかけたら再生、エンジンを止めたら停止という感じなのでスマホ操作が不要で楽でした。

ReplayGainで音量を均一にして再生する。
PowerampはReplayGainに対応してます。Powerampは初期設定ではReplayGainオフなのでオンにして、音量設定はピークの音割れ防止にして、モードはAlbumからTrackに変更しておきました。それでスマートフォンの音量を最大にすると音割れせずにちょうど良い感じです。foobar2000などのreplaygain対応ソフトで事前に音量解析をして、音量情報を書き込んでおく必要があります。情報の無いファイルでReplayGainをオンにしても意味は無いので注意。

大きい音量にするとノイズが少し目立つ。
FMラジオ経由なので当たり前ですが少しノイズが聞こえます。FMトランスミッターと相性が悪そうなピアノ曲とかなので、普通のポップスなら気にならないかも。私は音楽はカーナビにCDやCFを入れて、ラジオなどをBluetooth経由で聞こうかなーという気分です。「ノイズが大きすぎる!」という方は、まず車側の音量では無くてスマートフォンの音量を上げてみて下さい。

3000円以下なのでとりあえず持っておいても良さそう。
カーナビがBluetooth対応じゃない人は一つは持っておくとスマホ内の音が車から流せるので便利です。microSDカードの容量が64GBとか最近は凄いので、ラジオなどの大きめのファイルをスマホに転送して気軽に聞けるようになりました。ネットラジオをそのまま流しても楽しそうです。

---2015.04.25追記---
デジタル家電系日記 Bluetooth FMトランスミッター Taxan MEO-SUND-BTFMWBのレビュー。
---------------追記終わり---------------
18:01 | 
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/192-977d6152
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。