スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

ネットワーク対応体重計 Withings WS-50が当たりました。


体重・体脂肪・心拍数・気温・二酸化炭素濃度を測ってその結果をWebにどんどんアップしたりするWithings Smart Body Analyzer WS-50Jaccsのキャンペーンで当たりました。買うと17000円くらいするようです。

開封

メールとかも無くいきなりJaccsから届いた外箱。


製品外箱。


裏面。


説明書が多機能な割に少ない。


凄い高級感。体重計に2万円近く使うってどんな人やねん的な。


本体裏面。


体重計なのにネットワーク機器みたいな表示が凄い。


カーペットで使う時はこの脚を使うらしい。


カーペットに跡が付かないようにとかそういう感じかも。

Androidタブレットから設定。
AndroidアプリiOSアプリがあるので安心。私はME572CLを使いました。


説明書に従ってBluetooth機器としてペアリング開始。体重計裏面のペアリングボタンを押して、Android側でBluetoothデバイス検索すると表示されるので、それを選択。


製品のアップデートまでされ始めました。今どきの体重計は凄いなー。

無線LAN設定もしておくと、Webに計測結果をどんどんアップしてくれるようなので設定しておきました。
途中でWithingsのIDを取得する事になります。

MACアドレス
製品シリアル番号がMACアドレスです。Withingsのアプリを起動→メニュー→マイデバイス→WS-50でシリアル番号確認出来ます。ルーターでMACアドレスフィルタリングしているので許可リストに追加しておきました。

PCからも確認出来る。
Withingsのページでログインするだけです。一瞬全然関係ない怪しげな海外サイトに見えましたが大丈夫でした。英語サイトですがログインすると日本語になりました。


体重・体脂肪の他にも心拍数が図れました。心拍測るのに5秒くらいはかかるので寒い日は測らずに降りてます。


気温と二酸化炭素濃度を30分おきに自動で計測しているみたいです。

本体液晶では天気予報も見れる。
雨が降る日は雨マークが表示されるみたいです。

自分では買う余裕は無いですが
17000円も体重計に使うなら他に買いたい物がたくさんある派ですが、当たった場合は本当に便利ですねーという気分です。Jaccsのキャンペーンに応募しておいて良かったー。
19:58 | 生活家電
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/185-769996b9
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。