スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

Secure Connection Failedと出てCounter-Strike:Sourceがプレイ出来ない。No Steam Logon

Steamを起動したらSteamプラットフォーム自動アップデートが始まりました。

ここまではよくある事なのですが、
サーバーでCS:Sをプレイしようとすると接続ダイアログに

「Secure Connection Failed セキュアーなコネクトが出来ない」

みたいな事が出て急にプレイ出来なくなりました。

コンソールには「Disconnect No Steam Logon」と出ていました。

公式サイトの解決策を見ろ、と出たのでそこに書いてあったのを色々試していたら解決しましたので、書いておきます。

Secure Connection Failedの原因
私のPCに二つLANポートが付いている事が原因でした(ギガビットLANカードを増設してあるので)。

ネットに繋がっていない方のLANポートからSteam認証サーバーへアクセスしようとしていたようです。

解決方法
コントロールパネル内の「ネットワーク接続」をダブルクリック。
(もしくは、デスクトップのマイネットワークを右クリック→プロパティ)

ローカルエリア接続
ローカルエリア接続2

など複数あると思うので、ネットに繋がっている物以外を右クリックして、出てきたメニューから無効にします。

Steamを終了し、もう一度起動します。

これでSteam認証が正常に行われるようになったと思います。

右下のタスクトレイのSteamアイコンを右クリック→設定→
インターネットタブ(回線速度を選択する画面)内で確認出来ます
「Steamが正常に認証サーバーに接続されました」と出ていばOKです。

毎回無効にする必要がある・・・
これで直ったのは良いのですが、毎回Steamを起動する前に無効にしておく必要があります(^_^;。
どうしてこんな風になってしまってんでしょうか。

Steamアップデート日本語訳(negitaku.org)を見ても関係ありそうな物は無さそうですし。

分かる方いましたら教えて下さい<(_ _)>。

他に試した解決方法
Steamフォルダ内の「ClientRegistry.blob」を削除する。

Couter-Strike:Sourceファイルのベリファイ
(注:クリックするとファイルベリファイが始まります。)

Steamの再インストール。
(アンインストールしずに上書き再インストールしました。)

ルータのポートを開ける。
UDP 27000 to 27015 inclusive
TCP 27020 to 27039 inclusive

Norton Anti Virusを無効にする。

以上の方法を試しましたが、特に効果は無かったように思います。
(ひょっとしたら効いているのかもしれませんが。)

WindowsXp SP2のファイアーウォールは切ってあります。

8/11追記

またアップデートがあったみたいで、認証されていなくてもサーバーに入れるようになったみたいです。

毎回余ったLANポートを無効にする手間が無くなったのは良いのですが、設定画面では相変わらず「正常に認証されていません。」と出たままです。何か少し気持ち悪いですね。

8/12追記

更にアップデートがあったようです。今度はLANを無効にしなくても、設定画面で「正常に認証されました」と出るようになりました。

これでやっと解決ですね。
13:05 | PCゲーム
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/18-2cda53f2
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。