スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

無線マウス ロジクール G602のレビュー。

ロジクールのG602を買いました。Amazonで4827円。

開封


外箱。


昔のロジクールの開封にハサミ必須な感じじゃなくて楽になってます。


引っこ抜けば使えますよ矢印を引っこ抜いたら蓋ごと外れたので最初から電池蓋を開けた方が良さそう。

Unifyingレシーバーと互換性無し。

Unifyingレシーバーかと思ったら違いました。のでUnifyingレシーバー一個に集約は出来ません。私はUnifiyingキーボードとG602で二個レシーバーを挿して使っています。


Unifyingレシーバーと比較。そっくりですが違います。

本体


ホイールはスイーッと慣性で回っていくホイールではありません。チルト非対応なのでホイールクリックが押しやすい。真ん中のスライドスイッチはスタミナモードの切り替えです。スタミナモードだとレポートレートが変更不可になって125のみになりました。


サイドボタンの数が凄い。F13~F24キー割り当てOKでした。


右側。

ロジクールゲーミングソフトウェアでF13~F24の割り当てOK。


こんな感じでF13~F24割り当てOKでした。


マウス上のメモリに設定を保存すると他のPCに繋いだだけでF14を送信とかが反映されたマウスが使えて便利です。


ロジクールゲーミングソフトウェアを常駐させなくても普通に使えたので、常駐を解除しておきました。

DPIはオンボードメモリ設定だと250間隔。PCに保存したプロファイルだと50間隔。

オンボードメモリに設定保存すると便利ですが、DPIが250間隔でしか変更出来なくなってました。2050に設定不可で2000の次は2250みたいな感じです。
PCに保存したプロファイルを使用にすると50間隔で使えました。

サイドボタンがたまに連打される

個体差かもしれませんが、サイドボタンが1クリックで連打される事があります。
レポートレートを500にしたら治ったというブログを見かけたのですが、私の場合は500でもなりました。
F14::
if(prevTimeF14)
{
nowF14:=A_Now . A_MSec
diffF14:=nowF14 - prevTimeF14
if(diffF14<=200)
return
}
/*
ここに処理を書く
*/
prevTimeF14:=A_Now . A_MSec
return
ahkで↑のように200ms以内ならスキップするようにして対策しました。今の所これでうまくいっています。

重さが気にならない方におすすめです。

G700sは電池が一週間持たないという事でG602にしてみましたが、センサー位置も真ん中で普通に操作しやすいマウスでした。電池1本動作も可能なので少し軽くして使ってます。1本にしてもまだ重いので軽いマウスが好きな方はやめておいた方が良さそうです。「少し重くてもサイドボタンが多くて電池持ちが良い無線マウスはG602しかないしもうこれ買いますわー」という方におすすめです。
19:39 | PC周辺機器
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/179-a5f1ef76
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。