スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

ファンレスビデオカード LEADTEK WinFast PX8400 GS TDH Silentのレビュー。


サーバーPCで使っていたファン付きWinFast PX8400GS TDHのファンが止まってしまっていたので、ファンレスのWinFast PX8400 GS TDH Silentを買いました。近所の電気屋で4580円でした。

写真

結構小さいです。写真は通常サイズ用ですが付属のロープロファイル用ブラケットを使えばロープロファイル対応になるようです。


高さもファンレスにしては低めな気がします。


付属のロープロファイルブラケット、アナログVGAコネクタ増設用ロープロファイルブラケット、専用HDTVケーブルです。他にも説明書とドライバCDが付いてきました。

製造日

製造日は2009年10月08日と書いてありました。

ゆめりあベンチマークは8811
ゆめりあベンチマークは8811でした。(9500GTは33903でした。)

交換前と交換後のGPU-Z画像の比較
交換前のファン付き8400GS(ファンが止まってしまっている状態)

80nmです。8400GS G86版というらしいです。


ファン付きモデルなのにファンが止まってしまっているだけあってアイドル時の温度が96度とかなり高くなっています。



交換後のファンレス8400GS

65nmです。8400GS G98版という新コアらしいです。


ファンレスでアイドル時の温度は51度でした。ゆめりあベンチマークを数回動かした後は60度くらいになっていました。

8400GS→8400GSでもドライバインストールは必要でした
同じ8400GSですが再度ドライバインストール必要でした。G86版→G98版だからでしょうか。NVIDIAのサイトから最新版をダウンロードしてインストールで大丈夫でした。

まとめ
3D性能にはこだわらずとにかく安くHDCP対応DVI端子が欲しい方におすすめです。
03:23 | 自作PCパーツ
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://digitalkaden.blog17.fc2.com/tb.php/141-0bbf6c69
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。