スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

2TBのHDD WD20EADSのレビュー。Data Lifeguard Diagnosticを使ってみました。


ツクモでWD20EADSを買いました。500GBプラッタ4枚の製品です。送料無料で17980円+180ポイントでした。

ヤマダ電機グループになってから初めてのツクモ利用
翌日配送マークは付いていませんでしたが即日発送で翌日到着と最短でした。
商品発送元がヤマダ電機本社のある群馬県に変わっていました。それと3000円以上で送料無料は良いですね。

梱包

こんな感じです。結構しっかり梱包されています。


更にエアキャップで梱包されています。

ハードディスクの保証期間

同じHDDでも購入したショップによって保証期間が異なるらしいのですが、ツクモで購入したWD20EADSは代理店CFDで保証期間は1年間でした。それとツクモの場合は商品到着から1ヶ月間の初期不良交換保証があるようです。


RMA確認ページで調べたところRMA無しでした。

CrystalDiskMark

CrystalDiskMarkでのベンチマーク結果です。シーケンシャルリードが116MB/sと5400回転にしては速い気がします。さすが500GBプラッタといった所でしょうか。

Data Lifeguard DiagnosticのExtended Testを使ってみました
クイックフォーマットだけで済ますよりData Lifeguard Diagnosticを使って「Extended Test」をすると初期不良発見に役立つそうなので使ってみました。パーティション作成前にやるようですが、既にクイックフォーマットしてしまっていたのでパーティションを削除してからTestを実行しました。Data Lifeguard DiagnosticはWD Diagnosticsとも呼ばれているみたいです。


こんな感じでWindows上からGUIで操作出来るので簡単です。

2TBモデルだとEstimated Time Remainingが誤表示される
開始時はかなり多めの残り時間が表示されますが、

5分くらい経過すると残り時間が正常に近くなってきます。


正確にいつからからは分かりませんが半分~4分の3くらいテストが進むと残り時間が異常に長く表示されるようです。Elapsed TimeとCurrent Sectorは正しく進んでいるのですが「Estimated Time Remaining(残り時間)」が11193003時間と誤表示されていました。

検索してみたら
WesternDigital製HDD友の会 Vol.82
431 :Socket774[sage]:2009/09/19(土) 10:15:53 ID:XBBqYL2X
3台のW20EADSにData Lifeguard DiagnosticsでExtended Testをおこなってます。
Extended Testのインジケータが後半になるとEstimated Time Remainingが1192977:44:56
というありえない値になってます。
3台とも全て同様の状態です。
これは大丈夫なのでしょうか?
WesternDigital製HDD友の会 Vol.80
244 :名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage]:2009/08/30(日) 07:54:11 ID:5HWluitB
WD20EADSでEXTENDED TEST 07:04:18掛かったんだけどそんなもの?
途中で残り時間の表示がEstimated Time Remaining: 1193011:50:32とかなるわ、
螺族で風当てないと48度とかなるわ…4プラッタってすげーな。
245 :名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage]:2009/08/30(日) 08:03:31 ID:auKNsDRK
1TBで4時間前後だし
という感じでどうやら仕様のようです。2009年04月リリースの最新版 Data Lifeguard Diagnostic Version 1.13を使いました。


テストが終わると残り時間もいきなり0になって誤表示の事など感じさせない状態です。「寝る前にテスト開始させておいて起きたら終了していた」という感じでやると残り時間誤表示の事は気にならずに精神衛生上良い感じです。2TBは6時間40分くらいかかるようです。

結果は正常で安心しました
残り時間が誤表示されていたので焦りましたが

結果はPASSで正常でした。


Extended Test直後のCrystalDiskInfoの画面です。こちらも正常で安心しました。7時間近く動作しっぱなしだったのに28度とは凄いですね。

まとめ
Data Lifeguard Diagnosticを使うと残り時間表示がおかしくなって焦るので「Windowsの通常フォーマット→CrystalDiskInfoS.M.A.R.T値を見る」という感じでやっていこうかなーという気になりました。(Data Lifeguard DiagnosticのExtended TestだけでなくWrite Zerosを使うと更に初期不良発見が出来て安心らしいですが丸一日くらいかかるらしいので。)

参考リンク
WesternDigital製HDD友の会 - 2ch検索
スポンサーサイト
17:56 | 自作PCパーツ
comment(0)     trackback(0)

ファンレスビデオカード LEADTEK WinFast PX8400 GS TDH Silentのレビュー。


サーバーPCで使っていたファン付きWinFast PX8400GS TDHのファンが止まってしまっていたので、ファンレスのWinFast PX8400 GS TDH Silentを買いました。近所の電気屋で4580円でした。

写真

結構小さいです。写真は通常サイズ用ですが付属のロープロファイル用ブラケットを使えばロープロファイル対応になるようです。


高さもファンレスにしては低めな気がします。


付属のロープロファイルブラケット、アナログVGAコネクタ増設用ロープロファイルブラケット、専用HDTVケーブルです。他にも説明書とドライバCDが付いてきました。

製造日

製造日は2009年10月08日と書いてありました。

ゆめりあベンチマークは8811
ゆめりあベンチマークは8811でした。(9500GTは33903でした。)

交換前と交換後のGPU-Z画像の比較
交換前のファン付き8400GS(ファンが止まってしまっている状態)

80nmです。8400GS G86版というらしいです。


ファン付きモデルなのにファンが止まってしまっているだけあってアイドル時の温度が96度とかなり高くなっています。



交換後のファンレス8400GS

65nmです。8400GS G98版という新コアらしいです。


ファンレスでアイドル時の温度は51度でした。ゆめりあベンチマークを数回動かした後は60度くらいになっていました。

8400GS→8400GSでもドライバインストールは必要でした
同じ8400GSですが再度ドライバインストール必要でした。G86版→G98版だからでしょうか。NVIDIAのサイトから最新版をダウンロードしてインストールで大丈夫でした。

まとめ
3D性能にはこだわらずとにかく安くHDCP対応DVI端子が欲しい方におすすめです。
03:23 | 自作PCパーツ
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。