スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

19インチワイド液晶 BenQ FP94VWのレビュー。


BenQ FP94VWツクモで買いました。送料無料交換保証込みで27453円でした。HDMI端子はPS3を持っていないので試していません。

掲示板での書き込みなどでよく見かけるFP94VWの特徴
・1440x900(WXGA+)
・HDMI搭載
・TNパネル 2ms
26000円くらい
PS3とHDMI接続時アスペクト比は16:9で正常。でも上下黒帯ではなく左右カットなので微妙に注意らしい。
・左右カットはそこまで気にならないらしい。ゲームにもよるらしいですが。
PS3と1080pで接続出来るらしい。その場合「非プリセットモードです」とHDMIに切り替える度に出て気になるらしい。
・と言っても少し待てば消えるので問題無いと言えば問題無いらしい。
720Pより1080Pの方が1920x1080→1440x900の縮小表示なので明らかに綺麗らしい。
・HDMI音声スルー出力は音ズレがあるらしいのでPS3からの音声はスピーカー直結にした方が良いらしい。

という感じでした。

三菱やBenQの24インチフルHDでHDMIアスペクト比固定機能搭載とかを買いたかったのですが、今はまだ10万円以上して高いという事でFP94VWにしました。

ツクモで注文。即日発送で翌日到着。
ドット抜け保証がある店という事でツクモで購入しました。

液晶購入時のツクモの良い所
・最安
・送料無料
・クレジットカードで支払い可能
・ドット欠け交換保証が1500円と安い
・3回まで交換と交換回数が多い

注文の流れ

午前6時:注文(在庫有り表示)

午前8時:注文開始メール

午後2時:発送完了メール

翌日正午:商品到着

という感じでした。ドット欠けはありませんでした。

商品写真。

外箱はこんな感じです。


本体はこんな感じです。結構綺麗にまとまっていて良い感じです。サイドのボタンはタッチセンサーみたいなのかと思いましたが普通のボタンでした。


本体の裏側です。VESA規格対応でアームと接続する事も出来るらしいです。


左からHDMI端子、DVI-D(HDCP対応)、D-sub15pinです。HDMI端子を早く使ったみたいですね。


電源端子です。


角度調整で傾きが最も小さい状態。

---2007.11.07追記---

こんな感じで前側にも傾ける事が出来るようです。
---------------追記終わり---------------


角度調整で傾きが最も大きい状態。


ワイド画面だと楽譜見開き表示が良い感じで出来ました。Midi→PDFでも便利ですし、こんな感じで楽譜を公開しているサイトもあります。

画質。
AutoHotkeyを流行らせるページのような背景灰色黒文字のページだとFP91GPと比べてFP94VWは少し文字が見づらい気がしました(DVI-D接続)。他は割と普通だと思います。TNパネルですし値段も安い商品なので画質にこだわる方はもう少し高いモデルの方が良さそうです。

Vaio Type U VGN-UX50で1440x900出力可能でした。
公式サイトの対応リストには1440x900は無かったですが1440x900で出力可能でした。その場合クローンでは無く外部ディスプレイのみの出力になります。公式サイトの対応リストはクローン表示時の物かもしれませんね。

26000円でHDMIも付いてくるのでおすすめです
PCの液晶が欲しい

PS3やらブルーレイやらでHDMI端子が無い液晶を今買うのはちょっと気になる

とは言っても24インチフルHD系は10万円くらいするのでもう少し安くなるまで待たないと

でも今欲しい

というような方におすすめです。
スポンサーサイト
17:57 | PC周辺機器
comment(0)     trackback(0)

Livedoor Readerなどでブログの画像が表示されない場合の対策。Firefoxの拡張「Adaptive Referer Remover」を使う。

FC2ブログはリファラーが同じサーバーじゃないと画像が表示されない(もしくはリファラー無し)

LivedoorReaderとかBloglinesで画像が表示されない

リファラーを全部ブロックすると今度はITMediaの記事画像とかが表示されなくなってしまう

そこで、「Livedoor Readerを見ている時だけリファラーをブロック」とか出来るAdaptive Referer Removerを使えばうまくいきます。


こんな感じでリファラーをブロックするページを正規表現で指定出来ます。

手順
配布ページのFirefoxへ追加をクリックでインストール。

拡張をインストールすると、

こんな感じでFirefox右下にアイコンが出てくるのでクリックすれば設定画面が開くのでリファラーをブロックしたいURLを記述すればOKです。半角スペース区切りで複数指定出来ます。

Livedoor Readerのリファラーをブロックする設定
^http://reader\.livedoor\.com

これでLivedoor Readerを見ている時はリファラーを出さなくなるのでFC2ブログの画像も表示されるようになります。もちろん他のサイトを見ている時はちゃんとリファラーが出るので通常使用に問題は出ないと思います。


リファラーをブロックしている時は右下のアイコンに色が付きます。

以下は私の設定です。
^http://localhost ^http://127\.0\.0\.1 ^http://(www|images)\.google\.co ^http://[ab]\.hatena\.ne\.jp ^http://del\.icio\.us ^http://mixi\.jp ^http://reader\.livedoor\.com ^http://www\.checkpad\.jp

私はGoogleやmixi、はてなブックマークとかからもリファラーを出さなくしています。

動作確認情報
2010.01.18の時点でFirefox3.5.7でAdaptive Referer Removerは正常動作しています。配布ページで拡張をインストールするだけでOKです。

現在は必要ありませんが拡張の対応バージョンを手動で書き換えて使用していた時のメモを書いておきます。
(この方法は対応バージョンを書き換えるだけなので拡張が動作しなかったりFirefoxの動作が不安定になったりする可能性があるので注意が必要です。)
手順
refererremover.xpiを保存

拡張子をzipに変更 refererremover.zipで解凍

install.rdf内の
<em:maxVersion>3.0a1</em:maxVersion>

<em:maxVersion>4.0</em:maxVersion>
とか使用したいFirefoxより大きい数字に書き換える

chrome
install.js
install.rdf
の3つをzipで圧縮

出来たzipファイルをrefererremover.xpiにリネーム

FirefoxにD&Dでインストール
16:39 | ソフトの使い方メモ
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。