スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

iPod shuffle Reset Utility 1.0でiPod Shuffleが直った!


iPod shuffle Reset Utility 1.0というのがリリースされてました。初代向けで新型のShuffleには使えません。私も数ヶ月前に壊れたiPod Shuffleがあったので早速試してみました。結果、iPod Shuffleが普通に使えるようになりました!

私の壊れていたiPod Shuffleの症状
・Windowsは認識している
・エクスプローラで開こうとするとフリーズ
・iTunesで認識しない
・ファームウェア復元ソフトでも復元不可能

という感じです。

もう少し早く出ていれば修理手続きで苦労したり家に初代iPod Shuffleが2台という状況にならずに済んだ気もしますが、動かなかった物がソフト一つで直るとか何か凄いですねー。

私とiPod Shuffleは何か相性が悪かったのかもしれない説
過去の日記にも書いてありますが、私の場合は

iPod Shuffle購入

いきなり初期不良で交換

3ヶ月後に故障で交換

交換品が初期不良で更に交換

10ヶ月後に故障

という壮絶な感じでした。

復元手順
iPod shuffle Reset Utility 1.0 for Windowsからダウンロードしてインストール。

C:\Program Files\iPod\iPod shuffle Reset Utility\iPodshuffleResetUtility.exeを起動(スタートメニューにもショートカット入ってます)

iPod Shuffleを接続して下さい、と出るのでShuffleを接続すれば復元ボタンが押せるようになるのでそれを押せばOKです。

メーターが進んでいって、最後にiPod Shuffleが再起動して完了です。もう一度復元ボタン押せますが、もう復元完了しているのでiPod shuffle Reset Utility 1.0は終了させて下さい。

iTunes起動させたままでもOKでしたが、念のため終了させておいた方が良さそうです。(起動させたままだとShuffle再起動後にiTunesが認識しない事があるので、その場合は一度Shuffleを外してiTunesも終了させて、その後にiTunes起動→Shuffle接続という感じで。)

故障した初代iPod Shuffleがある方は是非
二代目iPod Shuffleが出たこの時期に出されても感はありますが、家に故障したiPod Shuffleが転がっている人とかにおすすめです。うまくいかなくても既に壊れている物ですし、一度試してみてはいかがでしょうか。インストールプログラムも1.5MBで軽いですし、インストールもすぐに終わります。

Yahoo!オークション - iPod Shuffle ジャンクでハードウェア的故障では無い直りそうな症状の物を買ってみたりしてもおもしろいですが、直らなかった時に本来体験する必要の無かったストレスを感じそうなのでやめておいた方が良さそうです。
スポンサーサイト
23:10 | iPod
comment(0)     trackback(2)

Webカメラ Buffalo BWC-35H01/SVのレビュー。


前にLogicool QVC-70を買ったのですが、UC-33eが動かなくなったり30fpsで取り込めなかったりという事で購入しました。Amazonで1901円でした。

画質は悪め。ヘッドセット付きで1900円のWebカメラなら仕方が無いかも。
とにかく安いモデルなので仕方が無いですが、画質はLogicool QVC-70と比べると悪いです。

手動ピント調整は固くて調整しづらい。
手動ピント調整ですがやはり面倒です。それに回す部分がやたら固くて大変でした。安いモデルだからっぽいですが手動調整の必要性はあまり感じず常に同じピント設定で使用しています。

BenQ FP91GPには挟めず。
BenQ FP91GPの上部に取り付けは出来ませんでした。ノートPCのような奥行きの薄い液晶でないと上部取り付けは出来ないっぽいです。

本体写真。

こんな感じです。


ノートPC液晶上部に付けたりした時にも安心のこの曲がり方。


前傾はこれくらい。

ふぬああで30fps取り込み出来ました。
Logicool QVC-70は320x240にしても出来なかった30fps取り込みがちゃんと出来ました。320x240解像度です。640x480だと15fpsになるようです。ただ画質が悪いのでせっかく30fpsでも録画する気にはならない予感です。

スカイプでの使用OK。
当たり前ですがスカイプでの使用OKでした。デジカメをWebカメラとして使うという方法の時には画面がなぜか数秒に一回しか更新されない状態でしたが、BWC-35H01/SVだとちゃんとスムーズにテレビ電話として使えました。画質は悪いので相手に自分をより美しく見せたいなんていう女性の方ならもっと高い製品とかをおすすめします。


そういえば私は↑のようなマイクを机に置いてスカイプしています。1000円以下で買えます。相手の音声はスピーカーから出しています。ヘッドセット使っている方は一回使ってみるとあまりの楽さにヘッドセットに戻れないかもくらいな。マイクから何メートルも離れても声を広ってくれます。ヘッドセットだと電話っぽくて「何かしゃべらないと!」とか「今まさに通話中」「無言が続くなら早く切らないと」という精神状態になりそうですが、これなら通話中も気楽にしゃべったりしゃべらなかったり、本や飲み物を取りに行ったりとか出来ます。普通にしゃべっていたらあまりにも楽過ぎていつのまにか5時間経過とかあったので危ないですが。スカイプはうまく作られているようでスピーカーからの音をまたマイクが拾ってという現象をうまく押さえてくれるようです。たまにダメな時があるのでその時は一度切ってから再度通話で直ったりします。そういえば映画版デスノートでLとしゃべる時のマイクがこれと同じでした。私は「おー、このマイクか!」とか思いましたが他の観客の方は無反応っぽかったです(当たり前ですが)。

ちゃんとUC-33eと同時に使える。
Logicool QVC-70の時には使えなくなってしまったUSBMidiコントローラーのUC-33eが、BWC-35H01/SVだとちゃんと使えました。Logicoolはマイク内蔵でカメラドライバ以外にもUSBオーディオデバイスとしてドライバがインストールされてしまうのが原因のようです。Webカメラのオーディオ関連機能は普通の音声端子利用で、USBドライバはインストール無しが私としては良いですが。新しいオーディオデバイスがインストールされると勝手にWindowsで標準使用するデバイスが変更されてしまいますし。そういえばVistaはオーディオデバイスを複数同時に使えるようになるようです。QVC-70とUC-33eが同時に使えないのはMidiYokeかGigaStudioを削除すれば動きそうな予感ですが削除するわけにもいかないという感じで。VistaではMidiデバイスの個数制限とか意味の分からない制限が無くなっていると良いのですが。

1900円にしてはなかなか良い製品。
というわけで1900円にしてはという条件付きでなかなか良い製品という感じです。ヘッドセットは試してないですがお得な製品だと思います。バッファローと比較してみるとLogicool QVC-70は結構良い製品だったようです。外付けUSBMidiとかを使わない方ならLogicool QVC-70が良いと思います。
18:51 | PC周辺機器
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。