スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

普通の電球を人感センサー有りにしてくれるSA-26JBが便利。


ELPAのSA-26JBを買いました。ヨドバシで2170円で217ポイント。LED電球は使用不可らしいので白熱電球か蛍光灯電球向けです。

LEDの自動点灯版はレビューが悪いのでやめました。

PanasonicのLDA10LHKUGKと迷いましたがAmazonレビューかなり悪いのでやめておきました。

写真


裏面。


本体。普通のe26口金。


自動点灯からの停止時間切り替え。


短:20~45秒、中:150~210秒、長:260~340秒



設置してみた。


センサーが間に入る分高さがありますねー。電球カバーは取り付け出来なくなったのでむきだしになります。


センサーの向きは取り付け後にもスイスイ変更出来ます。

壁面スイッチ操作と併用はしづらい。

スイッチオン

点灯

人感センサー関係無しに30秒後くらいに消灯(短・中・長の設定に関係無し)

必ず一度消灯してしまうので壁面は常にオンにしておく使い方になりました。

帰宅時の玄関やトイレのある通路が相当便利になりました。

帰ってきたら勝手に電気が付いたり、夜トイレに行くときもスイッチ操作しなくて良いのでかなり便利になりました。五ヶ月くらい使いましたがまだセンサーの反応も良いです。1つ2000円くらいと安いのでおすすめです。
スポンサーサイト
18:58 | 生活家電
comment(0)     trackback(0)

LEDデスクライト 山田照明 Z-LIGHT Z-10NのレビューとSQ-LC522との比較。

LEDデスクライトが欲しかったので山田照明のZ-LIGHT Z-10Nを購入。Amazonで10426円の5%OFFセールで9905円。Z-10より光量が増えたのがZ-10N。

開封。


外箱。持ち手付きで何か良い雰囲気。


外箱2。


開封。


中身。


中身2。


本体。


クランプ。


白色で綺麗。

組み立て。バネ取り付け。


バネを取り付ける部分の説明書。


溝に引っ掛ける。


こんな感じからグーッと引っ張って取り付け。


クランプ取り付け部分の説明書。下が出っ張らないクランプで凄い。

写真。


ケーブル。ケーブルも白色のが良いというレビューに少し納得。


ACアダプタは本体じゃなくて本体から出たケーブルに挿すのが新鮮。


ACアダプタ。


ACアダプタ2。


シェードを真横から。


ヘッド部分は色々動いて安心。


こんな感じで動きます。


全体。


スイッチは1個だけで綺麗。クリックでオンオフ。長押しで無段階光量低下で調整。ダブルクリックで100%光量。光量設定は記憶されます。

パナソニックのSQ-LC522と比較。


PanasonicのSQ-LC522よりZ-10Nの方がシェード幅が大きい。


上がパナソニック SQ-LC522(6200K)。下がZ-LIGHT Z10N(5000K)。Panasonicはかなり青白い。両方とも最大光量。


上がパナソニック SQ-LC522(6200K)。下がZ-LIGHT Z10N(5000K)。

色温度6200Kが欲しい人以外は5000KのZ-10Nがおすすめ。

クランプも本体もZ-10Nの方が良い感じなので6200Kの青白い光が欲しい!という方以外は5000KなZ-10Nがおすすめです。
23:26 | 生活家電
comment(0)     trackback(0)

ニトリのこたつ RNN15-120 NAの写真。


ニトリのこたつRNN15-120のナチュラル色を14900円で買いました。

組み立て


外箱。


天板が入ってます。


その下に部品。


付属品。


脚。


スパナも付属しているので工具不要。


本体の注意書き。


組み立て完了。


リバーシブル天板なので裏返すと白色。リバーシブルなので当たり前ですが本体と天板を固定するネジは無し。


無印のパイン材シェルフとの比較。


ケーブルは入/切のみのタイプ。


温度調整は昔ながらのヒーター部分に付いてるタイプ。


キーボードとマウスを置くとこんな感じ。

ニトリの安いコタツは300Wのヒーターが多いですが、このコタツは510Wなので何となく安心な気がしました。
19:51 | 生活家電
comment(1)     trackback(0)

乾電池式LEDセンサーライト アイリスオーヤマ BSL-10Lを購入。


センサー付きLED照明が欲しかったのでアイリスオーヤマ BSL-10Lを買いました。Amazonで2036円。

天井に付ける系はやたら評価が低かったのでやめました。

最初は白熱電球のソケットに装着する系のLEDセンサーライトを買おうと思っていたのですが、「付きっぱなしで消灯しなくなる」と評価がやたら低いのでやめました。それと電球カバーが付いたままだと反応しないみたいなので、むき出しで使うのもなーというのもやめた理由です。

開封


箱が膨らんでます。


説明文。


説明書とエアキャップ梱包。


大きさ比較。ちょうど良い感じの大きさ。


底面。


人感センサーと明るさセンサー。周りが明るい時は反応しなくなるので電池代が節約出来ます。


底面を回して電池を入れます。


こんな感じ。実際は画像よりもっと電球色で良い感じです。

電池はまさかの単2電池。ダイソーの単3→単2スペーサーでは点灯せず。


ダイソーで買った単3→単2変換アダプタはプラス端子の長さが短くなるので使えませんでした。

単2スペーサーについて詳しすぎるサイトがあった。

電池スペーサーについて - プラプラレール

このサイトによるとBTONEというメーカーの物を買えば使えるそうな。ただBTONEだと脱着時に爪あとがかなり残るみたいでエネループだと何度も脱着するので心配になります。

理想はそんな心配も無いSANYO製ですが今は入手出来ないのが残念。

スペーサーが1000円もするしエネループも高いので私は普通の乾電池を使うことにしました。


本当に久々に買った単2電池。ヤマダで500円くらい。一日10回x10秒点灯で15ヶ月持つらしいのですが実際どれくらい持つか楽しみです。

人感センサーライトは便利。

夜何か飲み物を取りに行ったりする時にスイッチ操作しなくて良くなって楽になりました。人感センサーは正面5m届くというだけあって反応は良いです。電池式なので置き場所を自由に変更出来るのも助かります。2000円と安いので少しでも欲しいと思ったらすぐ買っても良さそうです。
22:09 | 生活家電
comment(0)     trackback(0)

音声読み上げ時計 SEIKO DA207Sを買いました。


SEIKOのPOCKETTALK DA207Sを買いました。ビックカメラで3769円の302ポイントで3450円くらいでした。ビックポイントカードを忘れたので一ヶ月以内に店頭に持っていけばポイント加算してもらえるレシートがもらえました。

ボタンを押したら現在時間や日付を読み上げてくれるのが特徴の時計です。夜寝ていて暗い時でも時刻が知りたいと思って買いました。

開封

外箱。


本体と説明書と袋。


液晶保護シートと電池絶縁シート。


使い始め。電池絶縁シートを引っこ抜いてリセットボタンをシャーペンで押す。


日付右に電波受信中か表示。○の中にwと出ているので九州送信所からの電波を受信。eなら福島送信所の電波を受信らしい。


裏側の設定パネル。


右側面。


左側面。


説明書上。


説明書下。


電波受信後正確な日付と時刻が表示されました。電源オンから5分以内で早いですねー。

音量
小にして使っています。小でも結構大きい音が鳴ります。本体が小型なので低音が無くて高音も少しノイズっぽい感じですが、寝ている時に時刻を聞くだけなので十分です。

音声読み上げ時計で迷った機種。
ビックカメラに展示してある物は試聴してきました。

SEIKO DA206G
音は良いですが本体が大き目です。

CITIZEN 8RZ109-019
折りたたみスタンド付きで、スタンドを閉じると音声読み上げボタンのみになるのが良い感じですが、音がかなり大きい上に調整不可なのでやめておきました。

SEIKO ピラミッドトーク DA205G
ピラミッド型の時計が部屋にあったら楽しそう。音も良かったです。

夜中に目が覚めた時に電気も付けず時刻を確認したい方に。
電気を付けたり携帯の時刻を見ると目が覚めすぎてしまうので、暗いまま時刻を確認して、まだ寝れる時間なら更に寝るとか出来て便利なのでおすすめです。
19:58 | 生活家電
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。